« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月28日

今年もお世話になりました


Thank you this year for one year.


%EF%BD%93%EF%BD%86%E3%81%98%EF%BD%93%EF%BD%84.JPG

やっと成虫になったスズキゴキブリ♀.
Periplaneta suzukii

雄はもう少し時間がかかりそうだが,良い系統の個体を入手出来たおかげで,いろいろ面白い種が繁殖を始めている.

来年に期待したい.


O木所長からもメッセージがきております.

RIMG8178.JPG

ヒョウモンショウジョウバエ蛹だそうで,相変わらずマニアックです.

今年も一年あっという間に過ぎました.
論文は進まず,埃ばかりがたまりますが,来年は埃の中から黄金のゴキブリでも見つけようと思います.

皆様,良いお年をお迎え下さい.

2012年12月27日

Pseudophoraspis sp. 幼虫擬態

The larva of the Pseudophoraspis sp. which carries out mimicry to fallen leaves

6hiki.JPG

そろそろ2齢幼虫あたりかと思う.

何匹いるか分かりますか.

6hiki2.JPG


拡大.
少し移動していますが,数は変わらず.

幼虫の形態は,扁平で不規則にめくれ上がったりして,いかにも乾いた植物系の破片に見せている.

野外で見つけるのは大変そうだが,落ち葉ごと採集してくれば,捕獲は出来そうだ.

hgfjhg.JPG

親です(♀).

2012年12月26日

オガサワラゴキブリの交尾

Copulation of a Pycnoscelus surinamensis

あまりにも一般的過ぎて,観察されない本種.

RIMG0335.JPG

私も,研究はしているがじっくり活動を眺める時間など無く,交尾は始めてみた.
しかも,この雄はP.surinamensis.

ちゃんとした場所で撮影しようといじっていたら,交接が外れてしまい,この写真だけとなった.

地味な写真だが,すごい写真だと思う・・・のは私だけかな.

2012年12月25日

ヨロイモグラゴキブリの出産


Laying nymphs of Macropanesthia rhinoceros

%EF%BD%8D%EF%BD%87%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%94%EF%BD%92.JPG

ちょうどクリスマスに発見.
良いプレゼントを貰いました.

%EF%BD%8D%EF%BD%87%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%94%EF%BD%92%20%281%29.JPG

この幼虫,なんとなくいつも見る大きさからすると小さい.

よくよく考えると,毎回発見するのは2月頃.

ある程度成長した状態だったと思われます.
すると日本での出産期はやはり初冬の頃が当たっているのかもしれません.

2012年12月21日

Deropeltis spec. " Jinka "のクラッシュ


The colony of Deropeltis spec. " Jinka " crashes.

一時期,輸入されていたDeropeltis paulinoiの個体に,この兆候の見られたものがあった.

xjkfsigfr.JPG

幼虫で死ぬ.

xjkfsigfr%20%281%29.JPG

これもこの後,経過観察することになった.

ゴキブリ飼育も奥が深い.

2012年12月20日

トビムシ


Collembola

RIMG0358.JPG

飼うとはなしに飼っている生き物.

放飼した訳ではないが,いつの間にかいた.

RIMG0364.JPG


拡大して初めて,その面白さがわかる.

2012年12月19日

半透明のクマネズミ

A translucent black rat.

toumwekigf%20%282%29.JPG


例の片足を失った個体だが,まだまだ元気いっぱい.
生後27ヶ月.
体重120g.

toumwekigf%20%281%29.JPG


どうした事か,今日は透き通っている.
後ろの金網が見えている.

toumwekigf.JPG


腰の手拭上で遊ぶ図.
もう透けてはいない.

遅くなりましたが,昨日開かれたAQUARIUM BUSに少し顔を出しました.
アクアホリックのA岡さん,ヴァンケット動物病院M原さん,BRIGADOONのB東さん,久しぶりに話が出来て楽しかったです.
神田のときもそうだったのですが,このほか,何人かお会いした事なき有名な方もニアミスしていたようで,またどこかで機会があれば誰かにご紹介願おうかと思います.

私,インセクトフェア以外はこういったイベント行った事はなく,多ジャンルの生き物がいて,あきませんでしたが,時間が無く早々に引き上げねばなりませんでした.
次回は,時間をかけて見物したいと考えています.
皆様今後ともよろしくお願いします.

2012年12月18日

マルバネゴキブリ孵化

Ootheca of Hebardina yayeyamana hatched.

R0012266.JPG

待ちに待った瞬間
2008年から,雌個体を入手しつつも仔が取れず,やっと今卵鞘孵化が確認できた.
が,やはり幼虫は皆同じ様な形態をしている.
これで同定するには形態の情報を集めないとダメでしょう.

R0012268.JPG


国内産の雄はいまだに謎が多い.
これから雄の形態をよく見ていきたいと思う.

2012年12月17日

Deropeltis spec. " Jinka "の崩壊


Collapse of the colony of Deropeltis spec. " Jinka "

R0012270.JPG

幼虫の死骸が転がり始めた.

R0012271.JPG

増えても数を少なめにコントロールするのは辛い.
しかし,全滅を避ける為には,クラッシュを抱える種は実行しないと後悔すると思う.

2012年12月14日

オガサワラゴキブリの幼虫脱皮


A molt of the larva of Pycnoscelus surinamensis.

土壌生活をする種は,土中で脱皮する事が多く,脱皮直後を見る機会は少ない.

R0012243.JPG

掘っていて,白い個体が出てくると少し驚く.

R0012250.JPG


脱皮直後のこの白さは,色でいう白ではない気がする.

けがれの無い白さとでもいえば良いか.

2012年12月13日

餌としてのゴキブリ


The cockroach which can be used as food.

昆虫食の動物用生餌として,利用されるゴキブリとしては,トルキスタンゴキブリBlatta(Shelfordella)lateralis が有名である.

しかし,1齢幼虫は2mm以上あり,ヤエヤマサソリ・マダラサソリ幼体,タランチャラ幼体には大きすぎると思っていた.

そこで目を付けたのが,Symploce pallens 初齢幼虫.

R0012256.JPG


R0012257.JPG

1mm前後と小さい.

R0012258.JPG


また,飼育環境下で採集しやすい.

丈夫で飼い易く,成虫も中々愛らしい

2012年12月12日

野外のワモンゴキブリ


Periplaneta americana which lives out in the fields

夏には,屋外で生息が確認できていた場所で,先日観察を行った結果.

htr%3Bo%3B%5D.JPG

中齢幼虫の死骸を発見.

htr%3Bo%3B%5D%20%281%29.JPG

踏み潰されたかと思ったが,複数転がっている.

ここの所,寒さが厳しかったので耐えられなかったのだろう.

東京では,ワモンゴキブリの野外越冬は難しそうだ.

2012年12月10日

NHK出演

It appeared on NHK.

先週のクローズアップ現代 スーパーナンキンムシにチョイ役で出ました.
見た方もいらしたのではないでしょうか.


%E2%91%A1NHK%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E7%8F%BE%E4%BB%A3.wmv_000334063.jpg

龍ヶ崎の事務所内.

%E2%91%A1NHK%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E7%8F%BE%E4%BB%A3.wmv_000397585.jpg
駆除中のインタビュー.

RIMG0097-1.jpg


当ブログでも何度か紹介しましたが,トコジラミ(ナンキンムシ).

この番組の内容は,脅しでも何でもなく,現在のトコジラミの現状です.
実際は,もっと広がっているかもしれません.
家の中に持ち込んだら最後,駆除は大変です.
常時,部屋の中に蚊が何匹も飛んでいるような状況です.

トコジラミが家屋内に侵入する原因は,旅行(国内,外)の際,泊まったホテルの部屋に発生していて,知らぬ間に持ち帰る場合が多いと思われますが,発生した家の住人に聞くと,旅行なんて数年していないとか,ホテルには泊まった事がないケースが多くあり,どこから侵入したか,分からない事も多くあります.

アメリカでは,女性が彼氏の家でトコジラミを貰ってきて,自宅で繁殖し,トラブルになるトコジラミ破局など様々な問題が発生しているようです.

現在の日本の状況は,アメリカの数年前の状況と考えられると平尾先生も言われていました.
あと2~3年後は日本も同じ様な状況になる可能性があります.

皆さんの部屋の壁四隅,ベットのヘッド周りやマットレスなど,点検してみてはいかがでしょう.
あと,痒みの原因を,ダニと勘違いしているケースも発生初期にはよく聞きます.
年末も近いことですし,今のうちに身の回りの総点検でもしてみてはいかがでしょう.

2012年12月07日

硫黄島 12月の生物 1

The living thing of Iwo-To.December , 2010.

ghgfjgh%20%281%29.JPG

イソヒヨドリ Monticola solitarius

ghgfjgh.JPG

アカガシラカラスバト Columba janthina nitens

ghgfjgh%20%283%29.JPG


ドブネズミ Rattus norvegicus.

日中でも見かけますが,夜の方が遭遇する機会は多くなります.

ghgfjgh%20%282%29.JPG

ホオグロヤモリ Hemidactylus frenatus
蛾類を食しているのをよく見かけました.

2012年12月05日

オオモリゴキブリの卵鞘曲がり

How to turn at ootheca at the time of laying eggs of Symploce gigas gigas

oogjkopsejh%20%283%29.JPG


卵鞘が曲がって付いている.

oogjkopsejh.JPG

この個体だけかと思ったが,他も同様.

なぜこうなるのか.
この属はこうなのか.
興味は尽きない.

oogjkopsejh%20%282%29.JPG

良い卵鞘だ.

2012年12月04日

ホラアナゴキブリ復活


Revival of Nocticola uenoi uenoi

khmkgjkguo%20%281%29.JPG


1齢幼虫が常時見かけるまでになった.

khmkgjkguo.JPG

こう見ると,飼育環境の色も,状況を認識する目安として重要な気がしてきた.

2012年12月03日

イエゴキブリの復活と衰退


Prosperity and a decline of Neostylopyga rhombifolia


早いものでもう12月となりました.
寒さも例年に無く厳しい気がします.

R0012239.JPG

屋上から見たスカイツリー.
雪になりそうですね.

ゴキブリは,熱帯種でも,生命を維持するだけであれば,それほど高温にしなくても越冬できますが,産卵中や,幼虫が多い種は飼育室の中でも高所に移動しています.


dfmksdjfio.JPG


さて,以前に「風前の灯」状態のイエゴキの惨状を紹介したが,今はこのようにたくましくなり,増え始めた.
幼虫での死亡もほとんど無い.

dfmksdjfio%20%281%29.JPG

逆に,たくましかったもう一系統が,風前の灯.
幼虫での死亡が止まらず,ついに8匹.

これも爆発的に増え,クラッシュしたのが原因と思われる.
ここ1ヶ月は減数も止まり,雌雄の成虫が出てきたので,何とか乗り切ってほしい.

イエゴキブリ・ゼブラゴキブリ・トウヨウゴキブリなどは,この減少が起き易いので飼育している人は,早めの淘汰を心がけ,高密度での飼育は避けた方がよいと思います.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.