ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2012 .11.30

マルバネゴキブリ産卵

カテゴリー:マルバネゴキブリ

Laying eggs of Hebardina yayeyamana
R0012164.jpg
早く孵化してほしいものだ.

詳細はこちら

2012 .11.29

コワモン??

カテゴリー:コワモンゴキブリ

Periplaneta australasiae ??
Dorylaea-orini.jpg
Dorylaea orini
RIMG0004%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
これがコワモンゴキブリ.
Dorylaea oriniは雌が長翅で,雄が短翅らしい.
それにしてもよく似ている.
これだけ似ていて,属が違うのですから分類は難しいですね.
増えたら詳細を比較してみます.
乞うご期待.

詳細はこちら

2012 .11.28

捕獲されたフサヒゲハヤトビバエ

カテゴリー:

Captured Leptocera caenosa
久しぶりにO木所長登場.
%E6%8D%95%E7%8D%B2%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%95%E3%82%B5%E3%83%92%E3%82%B2%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%90%E3%82%A8Leptocera-caenosa.jpg
捕獲され,落ち込んでいるフサヒゲハヤトビバエだそうです.
気持ちが伝わってきます.
実に素晴らしいショットですね.
本種の幼虫は腐食性で,動植物の腐った物を餌とする.
そのようなものが存在し,温度が高ければ場所を選ばずに発生する.

詳細はこちら

2012 .11.27

ワモンゴキブリの潜水性

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Diving [ of Periplaneta americana ]
R0012131.jpg
マダラゴキブリ幼虫のごとく,水中に潜っていきました.
考えてみれば,ワモンゴキブリはマンホール内に多く生息しています.
水が嫌いであれば,そんな場所には多くは生息しないでしょう.
まだまだ謎多き生き物です.

詳細はこちら

2012 .11.26

木曽谷の蜘蛛

カテゴリー:クモ類

The spider of the Kiso valley Tokyo Japan.
所用で帰省しました.
合い間に日中活動している生き物を探したのですが,寒すぎて何もいません.
zyoroigopfd.jpg
唯一見つけたのはジョロウグモ.
しかし,この個体はここ数日の寒さで絶命した模様.
zyoroigopfd-1.jpg
半地下の道路街灯で見つけた個体.
この場所はほかにも数個体活動していたので,建造物が外気を少しは和らげているのでしょう.
これから木曽谷はさらに厳しい季節になりますが,来年の春にはこの仔たちが沢山孵化してくる事でしょう.

詳細はこちら

2012 .11.22

冬のアダンソンハエトリグモ

カテゴリー:クモ類

Hasarius adansoni 
急に寒くなり,生き物がまわりから姿を消しました.
fhyasdf.jpg
と思っていた矢先,屋上に出る階段の途中にハエトリグモ発見.
fhyasdf-1.jpg
お馴染みのアダンソンハエトリグモ 雌.
大きさ的に成虫だと思うのですが,成虫越冬なんでしょうか.
それにしても,家屋内で見るのは本種だけですね.
そんなに適応能力が高いのでしょうか.

詳細はこちら

2012 .11.21

現場で捕獲された無紋血統のチャバネゴキブリ

カテゴリー:チャバネゴキブリ

The patternless blood German cockroach captured on the spot.
%E3%81%86%EF%BD%93%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%84.jpg
朝比奈(1991)にも書かれている無紋チャバネゴキブリ.
私のところでは,累代個体群より選別し,固定できているが,野外個体では始めてみた.
おそらく,この色の薄い個体を集めて累代すれば,1年ほどで無紋チャバネが出来上がると思われる.
%E3%81%86%EF%BD%93%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%84-1%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
幼虫も黒が薄いのが分かるだろうか.
写真上部にいるノーマル幼虫と比較してみてください.

詳細はこちら

2012 .11.20

ワモンゴキブリの産下の瞬間

カテゴリー:ワモンゴキブリ

The moment Periplaneta americana gives birth to ootheca
何年も飼育しているが,卵鞘を産み落とす瞬間は初めて見た.
gdfhoy-6.jpg
後肢を広げ,腹端部を床に押し付けている.
尾肢に注目(←).
gdfhoy-2.jpg
同時に尾肢をすぼめ,卵鞘を上部から床に押し付けるようにしごいている.
gdfhoy-3.jpg
卵鞘がはずれた瞬間.
gdfhoy-5.jpg
端がまだ白いが,この卵鞘はちゃんと色がつきました.
gdfhoy.jpg
写真を撮っていてフラッシュが強すぎた写真ですが,何とも幻想的(私だけかもしれませんが)に撮れました.

詳細はこちら

2012 .11.19

ヤスデムカデ

カテゴリー:多足類

The centipede which did the figure of the millipede,Yasudemukade.
土日で開催された「昆虫大学」に行ってきました.
AntRoomさんで見かけた噂のムカデ.
RIMG0409.jpg
こりゃ凄い.
胴部はヤスデ,歩肢はヤスデ色したムカデ.
しかし,頭部には立派な顎肢があり,触角もムカデですが,やはりヤスデにしか見えない.
動きは間違いなくヤスデ.
雌のような感じであったが,不明とのこと.
ちなみに写真の手はS田さん.
この大きさでハンドリング可能なムカデ(まあ,島田さんは何でもOKそうだが)とは.
土壌生物は,まだまだ知らない生物が沢山いますね.
R0012103.jpg
Archiblatta hoevenii
R0012108.jpg
Pseudophoraspis sp.
これらは今回お持ち帰りしたゴキたち.
沢山サービスしていただき有難うございました.
また,様々な人たちとお会い出来,早めに帰る予定でしたが,思わぬ長居をしてしまいました.
私のような変人と話をして頂き,皆さん有難うございました.

詳細はこちら

2012 .11.16

Gyna lurida また 逃げた

カテゴリー:ボーセリンローチ

Gyna lurida escaped.
何かするたびに逃げ出すのは雄.
雌は重くて飛べないようだ.
R0012019.jpg
隙間に隠れたつもり.
R0012021.jpg
これだけ飛ぶと,灯火採集も良いかもしれないが,繁殖を狙うなら雌が来なければ意味が無いので,地道な地表探索が必要かもしれない.

詳細はこちら

2012 .11.15

冬に飛ぶアブラムシ

カテゴリー:

The Aphidoidea which flies in winter.
最近,晴れた午後の街路樹の下を通ると,小さな虫が光に照らされて無数に飛んでいるのを見ることがある.
何だろうと思っていたが,勇気を出して捕まえたところ,アブラムシであった.
RIMG0382.jpg
これは南大沢で捕獲した虫.
さすがに種名までは検索する気になれないので,アブラムシという事で.
冬に飛ぶ虫といえば,雪虫が有名である.
雪虫を調べてみると,トドノネオオワタムシが有名だが,ほかにも何種類か冬に白い綿をつけて飛ぶ種がいるそうでる.
私の田舎の長野でも,冬になると沢山飛んでいたのを思いだす.
東京にいる今となっては,簡単に採集も出来ず,何の種かわからないが,機会があれば調べてみようと思う.

詳細はこちら

2012 .11.14

チャオビゴキブリ終齢幼虫

カテゴリー:チャオビゴキブリ

The last instar larva of Supella Longipalpa
sdjiosfd.jpg
右が雄終齢幼虫.
左が雌終齢幼虫.
その上のが雌成虫.

詳細はこちら

2012 .11.13

Panchlora sp.”Giant”幼虫集合

カテゴリー:グリーンバナナローチ Panchlora sp."Giant"

A larva set of Panchlora sp.”Giant”
マットに水を切らしていた.
dfjhkhjk.jpg
霧吹きで給水したら,突如姿を現した幼虫.
dfjhkhjk-1.jpg
また幼虫.

詳細はこちら

2012 .11.12

Anallacta methanoides の模様

カテゴリー:Blattellidae spec.

The pattern of Anallacta methanoides.
ゴキブリの頭部全面は大体どの種も無模様に近く,特徴が現れにくい.
R0011999.jpg
この種は少しおかしい.
これだけ見るとゴキブリには見えない.
R0012000.jpg
腹部も意外とカラフルである.

詳細はこちら

2012 .11.9

アマミモリゴキブリの床換え その2

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

Cleaning of the breeding case of a Episymploce amamiensis. Part 2.
dfgdfhfjh.jpg
色合いがしらけて具合が悪そうです.
一目で汚いと分かります.
dfgdfhfjh-1.jpg
dfgdfhfjh-2.jpg
シェルターの落ち葉や,ケージ下部に堆積した糞からは白いカビが発生している.
死骸も黒ずんだ嫌な色をしている.
dfgdfhfjh-3.jpg
掃除後.
dfgdfhfjh-4.jpg
これまた綺麗な幼虫である.

詳細はこちら

2012 .11.8

Deropeltis sp. ” Jinka “の汚れ

カテゴリー:Deropeltis sp.

Dirt of Deropeltis spec. ” Jinka ”
これもよく増えます.
汚れ方も早いですね.
その理由は前も紹介した,体から分泌される体液.
R0011993.jpg
外敵でなくても,同種個体同士で刺激し合い,分泌しているのでしょう.
給水器のガーゼは黒く汚れ,シェルターも黒ずんできます.
コップは,たまたま卵シェルターが不足したので,1ヶ月前に入れたものですが,馴染んでいるようです.
しかし,見た目はあまりよくないので撤去しました.
もう少し綺麗に飼育したいですね.

詳細はこちら

2012 .11.7

ゴキブリ用ピンセット

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

Tweezers for cockroaches.
ピンセット(Pincet)はオランダ語だったんですね.
英語ではTweezers.
fopui%2C.jpg
ゴキブリを掴む時に使うピンセット.
すでに10年以上使用している.
先端の曲がりや角は,ゴキブリを傷つけず,かつ逃がさない様な微妙な摩擦が加わるようになっている.
上の紙ヤスリで定期的に調整して使っている.
fopui%2C-1.jpg
こちらは,最近買った同一の物と初齢や若齢を捕まえる為の物(右).
どちらも実態顕微鏡下で,ヤスリで先端や角をチューニングしてある.
右は,まだグリップのゴムが付いた状態.
使っているといずれ取れてしまうが,その方が使い易いかもしれない.
たまに床に落として,先端から落ちようものなら深いショックの谷間にはまり込み,動けなくなってしまう.
%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B2%E3%82%B8.jpg
生き物の写真が無いのも寂しいので,昔撮ったオオゲジ.
しびれますね.

詳細はこちら

2012 .11.6

Lucihormetica sp. Venezuela 産仔.

カテゴリー:Lucihormetica verrucosa

Laying eggs of Lucihormetica sp. Venezuela.
やっと子供が生まれました.
R0011867.jpg
これで,Lucihormetica verrucosa との比較が出来るでしょう.
R0011866.jpg
幼虫は皆可愛いですね.
このケージは,乾燥した朽木粉砕マットを薄く敷いてあっただけだった為,地表で生んだのでしょう.

詳細はこちら

2012 .11.5

ヤエヤママダラゴキブリ

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Rhabdoblatta yayeyamana
久しぶりのヤエヤママダラゴキブリ.
マダラゴキブリ属の幼虫は,水中を好むと言われ,実際に飼育環境にプールを作ると,幼虫がその中に浸っているのをよく見る.
その為か,累代するには他の乾燥を好むゴキブリとは少しコツが必要である.
%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E5%BA%8A%E9%9D%B4%E7%B5%B5-1.jpg
汚れた環境.
%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E5%BA%8A%E9%9D%B4%E7%B5%B5-2.jpg
水中の落ち葉はダニが発生し,汚い.
%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E5%BA%8A%E9%9D%B4%E7%B5%B5.jpg
綺麗になったが,最近,雌の生存率が下がり雄ばかり.
累代が綱渡り状況にある.

詳細はこちら

2012 .11.2

力尽きたアルビノクマネズミ

カテゴリー:ダニ類

The albino Rattus rattus which greeted the life.
jhkhujjgh.jpg
jhkhujjgh-1.jpg
若い頃は白毛も綺麗なのだが,歳をとると汚れが目立つ.
ケージ内の床面でうずくまる雄.
jhkhujjgh-2.jpg
このまま放置すると,絶命後食べられてしまうので,隔離し,静かに余生を送らせる事とした.

詳細はこちら

2012 .11.1

ネバダオオシロアリの兵蟻

カテゴリー:シロアリ

The soldier ant of Zootermopsis nevadensis
dgfertl.jpg
活動は活発で,泥状の物で外部との壁を盛んに造っている.
dgfertl-1.jpg
職蟻は常時,20以上見られるが,兵蟻は唯一この1匹.
何する訳ではなく,巣内をうろうろしている.

詳細はこちら

archive-blog