« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月31日

マダラサソリ産卵失敗


Laying eggs failure of the Isometrus europaeus.

そろそろ産むと心待ちにしていた.

tabdfsadfwea.JPG

産んでいる.

しかし,卵?をくわえている.
1個体幼体がいるので,全く無性卵だったわけでは無さそうだが.

tabdfsadfwea%20%281%29.JPG

今日の状態.
やはり1匹だけ生存.

限りなく失敗に近い結果となった.
もう一回いけるか,乞うご期待.

2012年07月30日

ゴキブリの巨大な糞


Huge droppings of a cockroach.


mnertgfhf%20%282%29.JPG

マレーシアに生息する漆黒の巨大なゴキブリ.

体長はヤエヤママダラ♀成虫といい勝負.
幅はこちらが勝るだろう.

mnertgfhf%20%281%29.JPG

で,この糞がデカイ,太い.

RIMG0233.JPG

これはドブネズミの通常糞.
負けていない.
見た目では区別付かない.
内容物を見れば,毛等が入るのでネズミと分かるが.

詳細はこれから.
今は産卵に専念してもらうため,刺激を与えないようにそっと見守るのみ.

2012年07月27日

森の分解者


The decomposition person in forest.


mifdjgirdefgfd.JPG

ミドリバナヤスデ.
埼玉県産.

いつも変な生き物を捕ってくれる I井氏より.

性別は♀.
産卵してくれると良いのだが,この手の大型種はまだ成功した事がない.

mifdjgirdefgfd%20%281%29.JPG

腐葉土朽木混合マットに入れると,食いながら糞をしている.
このように木屑が泥のような土に変化しているのを見ると,嫌われるのは筋違いだと思うが,やはり外見も重要なのだろう.
私などは,脚が多いほどしびれてしまうのだが.

2012年07月26日

ゴキブリ食事マナー 2


The meal manner of the cockroach.Part 2.


hgfdg%20%281%29.JPG

ケースの蓋を開けてもがっしり確保し,食い続けるワモンゴキブリ.

持ってうろついている事も.

2012年07月25日

マットにキノコ


The mushroom which grew on the mat to use for cockroach breeding.

ゴキブリ飼育用マットに使っているのが,木食いのゴキブリ類(オオゴキ・クチキ)の食い散らかし後のマット.

gfhgert.JPG

これをいったんプールするのがこの大型タッパー.

なにやら変な立体感があるので開けたらびっくり.

gfhgert%20%281%29.JPG


立派なキノコが・・・.
毒もなさそう.

3本ぐらい生えたようで,古いキノコはとろけて腐敗して悪臭を放っている.
しかもマット上には黄褐色の胞子が散乱している.

2012年07月24日

ハエ取り関連

Fly poison machine.

先週は博物館ラッシュだった.

たまたま行った病院の脇にあった博物館.

小規模だったが,無料の看板に誘われ訪問.

こちらは科学でなく,郷土博物館だった.

浦和市の歴史物が陳列.

あまり興味なかったが,害虫駆除の歴史コーナーが魅かれた.

P1000129.JPG

町内会の殺虫.

P1000130.JPG


噴霧器.
これはコレクターアイテムだ.

P1000131.JPG


ハエ取りビン.
現在復刻版で販売されている.
ネットで検索すると見つかる.

P1000132.JPG


ハエ取り箱.
これは欲しいですね.

2012年07月23日

科博のゴキブリ


The cockroaches which I watched at a National Museum of Nature and Science,Tokyo

科博は意外と敷居が高く,今回始めていった.

流石の科博もゴキブリは展示が少なく,今回はこのくらい.

kahasdsdfsku.JPG

土壌生物の紹介コーナー.
ツチゴキブリの幼虫?

kahasdsdfsku%20%282%29.JPG

ジャングルの樹に生息する昆虫コーナー.
良く分からない小さな個体が無数に並んでいる.

kahasdsdfsku%20%281%29.JPG


世界の昆虫コーナーの一角.
こんな感じ.

2012年07月20日

ムカデの魅力


Charm of the centipede.

gfhf.JPG


龍を見た事がある訳ではないが,ムカデの捕食シーンはそれを連想させる.

噛まれたら痛いが,それを上回る魅力がある.

2012年07月19日

マレーシア産ホラアナゴキブリ


Nocticola sp. collected in Malaysia.


hdyhjldf.JPG

どこにいるか分かりますか?

hdyhjldf%20%281%29.jpg

日本のホラアナゴキブリより一回りほど大きく見える.

1♀で,手元に来て1ヵ月.
当初,すぐ★になるかと思ったが,元気に走り回っている.

もしかしたら,卵鞘も生んでいるかもしれない.

2012年07月18日

ユーカリ食い

Eucalyptus of the bait.

otuhg%20%281%29.JPG

地中に持ち込んで食べていると思ったが,そうでもないらしい.
蓋を開けたら逃げると思い,ケージ越しに写真を撮ったが,開けても食らいついていた.

otuhg.JPG

やはり好きなんでしょうね.

2012年07月17日

オリンローチ


Dorylaea orini [temporary name]

調べて知ったのですが,「仮称」のようです.

雄は有翅,雌は無翅.

rgfdijgfd.JPG


rgfdijgfd%20%281%29.JPG


コワモンゴキブリ小型版ですね.

ちなみに,コモンネームはMalaysian zebra-stripe cockroach
ゼブラの小型版にも見えますか.

2012年07月13日

Therea olegrandjeani 卵鞘

Ootheca of Therea olegrandjeani.

本種近似種の卵鞘は,マットにバラ産みのうえ,孵化までの時間か長い.
その為,累代が重なり,個体数が増えてくるとマット内が卵鞘だらけになる.


そこで,古い(孵化が完了)卵鞘と新しい卵鞘の見分ける一つの目安.

%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%93%20%281%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

色.
普通,茶色(黒)が卵鞘の一般的な色だが,この卵鞘は茶は×卵鞘.
新しい(生きている)卵鞘の色は,薄緑の粉がふいたように見える.


%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%93%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

わかり難いかな.
ただし,これは私の私見であり,データは取っていないので参考程度に.

2012年07月12日

マダゴキ黒の固定

System fixation of the [Madagoki]  Gromphadorhina portentosa ‘normal':

2008年に「フルーツゴキブリ」の黒ばかりを集め,飼育していた群れがある.

kofgofd.JPG

結果は黒ばかり.

kofgofd%20%281%29.JPG

現在,このような品種として流通している種が結構存在する.

クワガタなども○○系統などとして楽しんでいる人々がいる.
ゴキブリもまた,こういった楽しみもありだと思う.
 

2012年07月11日

オガサワラゴキブリの産卵

Laying eggs of the Pycnoscelus surinamensis


%EF%BD%92%E3%81%A7%EF%BD%86.JPG


産卵中.
この後,体内に収納し,約40日後に子供が出てくる.
なお,この個体は P.surinamensis.
雄は出ない.

2012年07月10日

仲良しクマネズミ 2

Good friend roof rat 2.

RIMG0073.JPG


クマネズミも地球に生きる生物のひとつ.

2012年07月09日

トビイロゴキブリ感染実験

The infection experiment of Periplaneta brunnea.

togfds%20%281%29.JPG


例の全滅トビイロゴキブリ生き残り,最後の1匹が死亡した.
体色が見るからにおかしい.

togfds%20%282%29.JPG

それを,トビイロゴキブリ淘汰集団に入れ,様子を観察.

果たして,このグループも全滅するのか?

2012年07月06日

ゴキブリの食事マナー

The meal manner of the cockroach.


How%20to%20eat%20the%20food%20of%20Periplaneta%20americana.JPG

小型のゴキブリはこんなことはしないと思うが,ワモンゴキブリは結構手に持って飯を食う.

2012年07月05日

ガイマイゴミムシダマシ


Alphitobius diaperinus.

jhghcfhfgvhj.JPG

グリーンバナナローチケージに異変.

こんな事ではいけないのだが,忙しく,繁殖順調な種は目が行届かなくなっている.
全ての種の飼育環境を見直している最中だが,こんな事も.

jhghcfhfgvhj%20%284%29.JPG

飼育頭数が逆転していた.
幼虫うじゃうじゃ.

jhghcfhfgvhj%20%283%29.JPG

成虫うじゃうじゃ.

jhghcfhfgvhj%20%285%29.JPG

床換え後.
結局,グリーンバナナは30匹いなかった.

冷や汗出ますね.
皆さんもご注意あれ.

2012年07月04日

サツマツチゴキブリと卵鞘

The female and ootheca of Margattea satsumana.

asjwfr.JPG


asjwfr%20%281%29.JPG

卵鞘を持つ親はキレイだ.

2012年07月03日

ハワイシロアリの今

The present situation of the Incisitermes. Immigrans


gfgsdf.JPG

gfgsdf%20%281%29.JPG

側面からは動きが見えなくなって,心配していたら,裏にはこんなに群れていて嬉しかった.

2012年07月02日

小笠原諸島 最終日


The last fainal day of Ogasawara Islands Chichijima.


最終日,少し時間が出来たので,ネズミトラップの回収ついでに小港海岸に寄った.

ofdsfjsd%20%282%29.JPG


トンボ.

ofdsfjsd%20%283%29.JPG


保護色で「ホッ」としているアノール.

ofdsfjsd%20%281%29.JPG


交尾中のアノール.
カメラを構えていたら案の定睨み返された.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.