« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月29日

キョウトゴキブリの産卵

Laying eggs of a Asiablatta kyotensis


kyoti%20er%20%283%29.JPG


卵鞘が縦の時は産んでいる最中.
色が白い事からも,産み立てさが伺える.

kyoti%20er.JPG


卵鞘形成が完了した後,横にして保持し,卵鞘の外皮が固まるまで持ち歩く.

その後,親が気に入った場所に産み落とされる.


kyoti%20er%20%282%29.JPG

産卵とは関係ないが,餌場.
ゴキブリの特徴である,各ステージの幼虫,成虫が入り乱れて同じ食べ物を食べる.
バッタも,シロアリも同じですね.

2012年02月28日

2011/9/13のその後


After that of the black rat on September 13, 2011

RIMG0406.JPG

毎日2~3分外に出して自由に走らせている.

RIMG0420.JPG

手で触って,掴む,握るをしても咬む事はない.
甘咬みは少しあるが.

動きが少しは遅くなるかと思ったが,普通のクマネズミと素早さは変わらない.

dfgd.JPG

しかし,私からは逃げることなく,合図をすると出てくる.

可愛いが,動きは素早く,ケーブルを齧る能力は野生と同じであると思われ,事務室で放す気にはなれない.

2012年02月27日

仲良し


Husband and wife of a black rat?

gdf.JPG


雌雄は確認していないが,ペアだと思う.

雄同士も有かもしれないが・ ・ ・ ・ .

gdf%20%281%29.JPG

驚いて1匹逃げた.

2012年02月24日

Pseudomops septentrionalis床換え

Cleaning of the breeding case of a Pseudomops septentrionalis


RIMG0415.JPG

本種も入手後,1年半ほどタッパーのマットは交換していなかった.

tekfdadas.JPG

交換前.

tekfdadas%20%281%29.JPG

あちらこちらのシェルターに糞が沢山付着している.

tekfdadas%20%282%29.JPG

汎用のダンボールシェルターにも成虫を中心に潜んでいる.
幼虫は湿った場所を好むようだ.

tekfdadas%20%283%29.JPG


完成.

2012年02月23日

卵鞘から毛?

Hair has come out from ootheca?


deropetredf.JPG

Deropeltis erythrocephalaの孵化の終わった卵鞘.

何か毛のようなものが動いている.

deropetredf%20%281%29.JPG


想像の通り,1齢幼虫が入っていた.

昨日のワモンと違い,普通に孵化していて,割ると元気に逃げ迷っていた.

deropetredf%20%282%29.JPG

大人になると♂はこんな感じ.

2012年02月22日

ワモンゴキブリ孵化卵鞘内

The inside of ootheca where Periplaneta americana hatched.

ワモンゴキブリの卵鞘は一般的には14卵ほどが入っている.

この卵鞘から孵化した幼虫は8匹.


その為,中を観察した.

wamdsjsdf.JPG

卵数は13個.

wamdsjsdf%20%281%29.JPG


孵化直前の卵と途中で発生の止まった卵など5つほど中に残されている.

wamdsjsdf%20%283%29.JPG

1時間ほど放置すると,この中の1匹が孵化.

しかし,両後脚のふ節が曲がって固まり,正常な歩行が困難な状態で孵化してしまった.

孵化時期がずれると言う事は,たとえ生きていても,何かしらトラブルが発生してしまったのだろう.

2012年02月21日

ヤエヤマキスジゴキブリの床換え

Cleaning of the breeding case of a Symploce yayeyamana

アマミモリゴキブリに続いてヤエヤマキスジゴキブリ.

これも飼育開始後,約1年後には「ウジャウジャ」と沢山増えた.

しかし,アマミモリ同様,飼育環境に土壌を使用している為,飼育ケースは掃除しても,マット自体までは,交換していなかった.

yaeruqfdsfdn%20s.JPG

約2年経過したマットや付随する落ち葉の様子.
葉上の白いのは,カビとも水垢とも判断しかねる自然界では有り得ぬ葉っぱ.

yaeruqfdsfdn%20s%20%281%29.JPG

シェルターとして入れている落ち葉に付着する死骸や糞.

飼育環境ではどうしても自然界では起こり得ない状態になってしまう.

yaeruqfdsfdn%20s%20%283%29.JPG

現在主に使用するマットの構成は,木の細切りチップにミズゴケ,朽木マット,乾燥落ち葉の手もみ粉砕片をミックスし,乾き難くマット内に空間が出来るようにゆるく敷き詰める.

幼虫を拾う際,種によっては「拾う行為」から逃げる傾向のある種がいる.
そんな傾向がある種は潰したりもろもろ時間がかかる.

yaeruqfdsfdn%20s%20%284%29.JPG


本種は手を入れると,忌避と言うより誘引気味に指にまとわり付くので捕獲は楽である.

yaeruqfdsfdn%20s%20%285%29.JPG

総交換後.

アマミモリは極力全ての虫体を拾う様に努力したが,今回は一匹残らず拾わないといけないほど数が減っていた.

皆様注意いたしましょう.

2012年02月20日

アマミモリゴキブリの床換え

Cleaning of the breeding case of a Episymploce amamiensis

床換えにおいて,飼育環境に土壌を使用する種は,その中の卵鞘や,初齢幼虫の「拾い」が大変な為,飼育ケースは掃除しても,マット自体までは,簡単には掃除できない.

したがって,2009年7月に親を入手してから一度も交換していなかった.

amasddffj%20%283%29.JPG

マットは死骸や古い卵鞘や死んだ卵鞘の残骸が溜まっている.

amasddffj%20%286%29.JPG

カビ卵鞘.

amasddffj%20%288%29.JPG


多分生きている卵鞘.

確かめるには,10cm程の高さから硬いテーブルの上に落としてみると,中が詰まった「コツン」と言う音がする.
孵化卵鞘,もしくは死亡卵鞘は,音が聞き取れないような軽い音がするので生死の有無はこのポイントで判断している.

amasddffj.JPG

作業中.

amasddffj%20%281%29.JPG

カビが発生したり,死骸や糞が付着したミズゴケや落ち葉.


amasddffj%20%2810%29.JPG

総交換後.


極力全ての虫体を拾う様に行なったが,やは生体の数は予想より多くはなかった.

飼育開始から約2年半だが,MAXに増えていたのは1年後位だった気がする.

野外種で,マットを使う種の場合,マットの更新は1年サイクルがベストだろう.

2012年02月17日

ワモンゴキブリの再生能力 最後

Reproduction capability of Periplaneta Americana The last.


№1.

%E2%91%A0.JPG

%E2%91%A0%20%281%29.JPG

右後脚欠損.
前回の脱皮時に中途な再生をしているような,不完全な腿節がある.

成虫になりました.

RIMG0310.JPG


見事再生.
若干,各部位が短いようだが,生えてくるのは羨ましく思える.

人間の再生医療も早くこうなる事を願いたい.

再生シリーズもこれにてしばらく休止.

2012年02月16日

ネバダオオシロアリ


Zootermopsis nevadensis

neabdb%20asd%20%281%29.JPG

兵庫県で採集された個体群.
大きいですね.
かわいいですね.

同じ様な趣味を持つ友人から頂きました.

写真は届いた時の状態.

neabdb%20asd%20%282%29.JPG


クワ産卵用のクヌギを入れたら「あっ」という間に潜っていきました.

今は,材に潜りよく分からない状態.

シロアリ類も飼育して見ると,なかなか面白い.

ただし,採集した地域以外で逃げられたり,逃がす事だけはやめましょう.

現在のシロアリ飼育種これで5種.
生きているか分からない種もいますが.

2012年02月15日

宮古の混生飼育のその後


The state of the after that of mixed breeding of the Blattella lituricollis and the Onychostylus vilis of miyakojima

dkfokd.JPG


ヒメチャバネゴキブリばかりとなってしまった.


RIMG0308.JPG


良く見ると,ミナミヒラタゴキブリの幼虫が少し混ざっている.

ミナミが残っていると言う事は,ヒメチャバネが完全に排除している訳では無く,単にヒメチャバネの生育スピードがミナミより速いのが理由かもしれない.
実際に野外では,ミナミは地表には殆んどいない.
その為,このような平な環境は苦手なのかもしれない.

2012年02月14日

カギムシ拡大

The enlargement of the Peripatoides novaezelandiae

低温(15℃~20℃)で飼育していると,死亡個体の発見が遅れても,良い状態で残っている.

生きていると写真が撮れないが,死亡すると高温になろうが遠慮せずに写真が撮れる.

kdfgdfg%20%281%29.JPG

頭部.

kdfgdfg%20%282%29.JPG

背面.

kdfgdfg%20%283%29.JPG

口器.

kdfgdfg%20%284%29.JPG

肛門.
爪.

魅力多き生き物である.

2012年02月13日

カギムシ全滅

Peripatoides novaezelandiae total destruction.

最後の1匹が白く溶けていた.

原因は?
寿命.
寒すぎ.

約1ヵ月の飼育は,極力温度を上げずに飼育する事に努めた.

%E5%9B%B3%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%8A.jpg

結果はこれ.
見難いが,下のピンクが気温.


20度を越えるときは,餌や水を与えた時だけ.
最低気温は15℃を切り,平均は出していないが,17.5℃前後と思われる.
やはり寒すぎた気がしてならない.
餌のコオロギがもたない.

kdfgdfg%20%285%29.JPG


次回機会があれば,20℃で試したい.
このぐらいなら,餌も死なないと思う.

2012年02月10日

ネズミ

Roof Rat.

fadskjf.JPG


ゲテモノ好きの父にと作ってくれた.
ありがたや.

しかし,さすがにゴキブリは無理のようだ.

2012年02月09日

マルゴキブリ 4年目

Trichoblatta nigra . The 4th year.

maruehsdfm.JPG

やっと数えることが出来ない程度に増えてきた.

野外でもこんな増え方をしているとすると,なかなか捕獲できないのも分かる気がする.

maruehsdfm%20%281%29.JPG

雌成虫.

2012年02月08日

千石正一さん死去


Mr. Shoichi Sengoku death.

仕事で2,3回お話した事があるだけなのですが.

どのような方かは皆さん良くご存知でしょう.

ご冥福をお祈りいたします.

%E6%88%A6%E5%BE%8Ck%E3%81%86.JPG

拒食したときに,たまたま千石先生にお会いしました.
相談したら,いつでももってこいと言われ,今に至っているPython regius.
その節は有難うございました.

2012年02月07日

Blattellidae sp 幼虫脱皮と姿勢


A self-renewal and posture of the larva of Blattellidae sp

iksdfafui.JPG


iksdfafui%20%281%29.JPG


本種のちょっと変わったしぐさとして,幼虫の静止している姿勢がある.
前脚を突っ張り,上体を持ち上げた格好で静止している.
何か意味があるのだろうが,飼育環境ではさっぱり分からない.

2012年02月06日

ホラアナG長翅

An individual with a long wing of the Nocticola uenoi uenoi.

シロワラジを排除してから,急激に増えた.

eftrwgtdgh.JPG


それと同時に♂長翅を見かけなくなったが,出るときは出るようで,炭カルを軽く駆け登っていた.

長翅のスイッチ.
研究したら面白そうですね.

2012年02月03日

グリーンバナナローチ 放置結果

Breeding of the Panchlora nivea is carelessness is our greatest enemy.


現在の飼育方法(ケージ全体をマット充填せず)に換えてから,飼育の危機はなかった.

今回,少し減ったと思っていたら,数える程しか生き残っていなかった.

で,この際死骸から古いミズゴケやマットなど全て新品と入れ替えた.

baasjdsa.JPG

さっぱりとし,見た目が綺麗.
これでまた,小規模メンテで5年ほど大丈夫であろう.

RIMG0291.JPG


ペットローチの中では,普通種になったが,近年流通している本属3種の中で最も緑の発色が良く,綺麗な種だと思う.

2012年02月02日

カギムシの卵?

Egg of the Peripatoides novaezelandiae??
.


1匹雌らしき太目の個体が死亡していた.

残念であるが1ヵ月以上生きていたので今回行なった方法は,大きな間違いはなかったのではと思う.

kdfgdfg.JPG

その側に落ちていた謎の卵型ゼラチン様物質.

ひいき目で見れば卵.

しかしこれはまもなく物体と化していた.

と言う訳で,謎の生物探求はまだまだ続きます.

2012年02月01日

アルビノクマネズミ5兄弟

Albino roof rat 5 brothers.

sifgfrjk3vfjd.JPG


壮観.

何度この血が滅ぶ覚悟をしただろう.

まだ,不確定要素は沢山あるが,とりあえずここまで増えてきた.

たぶん左から♀,♂,♂,♀,不明.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.