« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月31日

Polyphaga saussurei

Polyphaga saussurei.

エジプト砂漠ローチと同属.

しかし,雄は翅がなく♀と同形らしい.

wakarann%20%282%29.JPG

どれが♂でしょう.

どれが成虫なのかも分からない.
一つ言えるのは,卵鞘を付けている個体が♀成虫であるということ.

wakarann%20%281%29.JPG

♀.

wakarann.JPG


♂?
雌よりも一回り大きく,厚みがあり重量も重い.

wakarann%20%284%29.JPG

左は上の写真で卵鞘をつけていた♀.
左が♂?
腹端部の形状は皆同じに見える.
では全て♀で,交尾無でも卵鞘を産むタイプなのか?
今のところ??

2012年01月30日

シニマネカレハゴキブリ


The cockroach which carries out dead imitation.

Shinimanekarehacockroach

未だ同定未実施.

sibnisjadi.JPG

雄成虫.
2匹.

sibnisjadi%20%281%29.JPG

雌成虫.
2匹.

分かりますか?

野外で採集した標本だけでは,同種とは考えないですね.
誰かが飼育をして同種と判断したのでしょうか.

2012年01月27日

コンタミ

Contamination of a cockroach.

dgf.JPG

最初は目を疑った.

dgf%20%281%29.JPG

どう見てもリュウキュウモリゴキブリ.
しかも卵鞘をもっている.
右の白いのは羽化直後.

dgf%20%282%29.JPG

目に付く個体だけ集めただけでこんなに沢山集まった.
なぜこんなに沢山いるのか??

どうも,入手時点で幼虫が紛れ込んでいたと思われる.

とは言え,以前はヨロイモグラゴキブリのケージにHemithyrsocera histrioが侵入した例があるので,100%とは言い切れないが.

ちなみに,正式に同定した結果やはりリュウキュウモリゴキブリEpisymploce sundaicaであることが判明した.

ゴキブリの管理はちゃんとしましょう.

2012年01月26日

ダニ駆除


Tick extermination.

ヨロイモグラゴキブリの床換えをしたのだが,その理由がこれ.

davfbvi.JPG


写真中央のピンク+ダイダイ÷2 の色をしたツブツブ.

davfbvi%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


拡大,矢印のツブツブ状のもの,全てダニ.
例の手に登るやつです.

davfbvi%20%281%29.JPG


レンジで「チン」して殺虫するのだが,時間が短いと熱の伝わりが遅い表面中央に集合する.
凄い数である.

なかなか根絶できない厄介なダニ.

2012年01月25日

ホラアナゴキブリの餌

Food of a Nocticola uenoi uenoi.

hosdfs.JPG

小さすぎるので何を食べているか良く分からなかった.
しかし,増えてくると餌を食べる姿や,餌の減りも目で確認できるようになった.

hosdfs%20%281%29.jpg


前回床換えしてからすでに1年近く経過している.
乾燥には気をつけているが,それ以外は特段手間がかからない.

このサイズで,もっと増やすことが出来れば,餌昆虫としても人気が出るかもしれない.

2012年01月24日

ボーセリンローチ 黄色


Gyna lurida 
yellow type.


すっかりお馴染みのGyna lurida 
卵胎生でよく増え,丈夫.
ゴキブリ本来の魅力なのだが,イマイチ話題に上がらない.


gidsgdf%20%281%29.JPG


しかし,黄色を発するゴキブリはそう多くない.

2012年01月23日

ツメダニ


Cheyletidae sp.

書類の上に小さな動くものを発見.

turgfdsgd%20%282%29.jpg

チリダニか,例のマットに大発生する徘徊性の種と思い,指で潰したが,まだ動いている.


いつものダニ類なら潰れる圧をかけたはずが潰れないのは,いつものダニでない可能性がある.

turgfdsgd.JPG

拡大すると,ツメダニでした.
クワガタツメダニと思われる.

発生源はゴキブリケージ内の餌箱に違いない.
わざわざダニを飼育するのも大変なので,ほしいときにツメダニが手には入るのは便利といえば便利.

turgfdsgd%20%281%29.JPG


今まで気がつかなかったのだが,ツメダニって結構丈夫なんですね.

2012年01月20日

最後のキチャバネゴキブリ

The last male Symploce japonica

一時期普通に繁殖できていたのっだが,突然卵鞘が孵化しなくなり,最後の♂となった.

asdas.JPG

地味だが,好きな種だった.

2012年01月19日

沖縄の衛生害虫

sanitary insect pest of Okinawa

osdfkofkdos.JPG

論文の引用文献を調べていてこの本の存在を知った.

そして,検索していたら古本屋に在庫を見つけた.

たまたまの,偶偶で注文したら無事到着.

シリーズもので,沖縄の自然⑫が「沖縄の衛生害虫」らしい.
衛生害虫が自然シリーズに入ってしまうのもなかなかおもしろい.

今ではあまり見ることの出来ないイエゴキブリが沢山写っており,ゴキブリ以外にも沖縄固有の害虫が面白い.
カラー写真も豊富で,今出版されている害虫書では見た事の無い写真が豊富に使われている.

osdfkofkdos%20%281%29.JPG

右のウスヒラタゴキブリは多分ミナミヒラタだと思うが,ヤマトゴキブリをクロゴキブリと間違っているより清々しい.

シリーズ沖縄の自然⑫
沖縄の衛生害虫
1986年3月 初版第1版
著者:岸本高男・比嘉ヨシ子
発行所:新星図書出版
定価:1,800円

いつも同じことを言うが,見つけたら買っておこう.

2012年01月18日

アメリカカンザイシロアリの出家?

An ordination into priesthood of Incisitermes minor

カンザイシロアリの飼育は,外から観察し難く、順調に餌木より糞が排出され手いるのを見て、「よしよし」となる.

たまに,ターマトラックが手元にあると、それを当てて生きているのを実感できる.


数日前,餌木の表面を女王と数匹の幼虫が出歩いていた.
そのうち木中に戻ると思ったが,増えも減りもせずこの場所にいる.
どうもこの場所に住み着くようだ.

ksdafdsj%20%281%29.JPG

ksdafdsj.JPG


こうなると俄然面白くなる.
しばらく観察し,変化があれば登場してもらおう.

2012年01月17日

ワモンゴキブリ再性能力 №3の結果

Periplaneta americana re-performance power.
The result of No.3.

asdfasd3%20%281%29.JPG

成虫にはならなかったが,見事再生している.

asdfasd3%20%282%29.JPG


前の状態.

asdfasd3.JPG


脱皮後.
色が黒くて完全な大きさではないが,ふ節まで再生されている.

どのようにこの脚が生えてくるのか,その瞬間を是非とも観察したい.

2012年01月16日

Eurycotis sp. 孵化

Ootheca of Eurycotis sp hatched.

opadkasds%20%282%29.JPG

私のところでは,このグループの中でこの種だけ繁殖できないでいた.

opadkasds.JPG

そんな状態の中,やっと1卵鞘孵化した.
まだ,良さそうなプチプチの卵鞘があるのでもう少し孵化が増えそうである.

この他にも,まだ繁殖が軌道に乗っていない種が数種ある.
それらは高い確率で×になる.

本種も,半分あきらめの中での孵化は非常にうれしい.

2012年01月13日

イエシロアリ4年もの


The nest of Coptotermes formosanus for the 4th year.

hfjksdfd4%20%282%29.JPG

4年前に1ペアからスタートしたコロニー.

hfjksdfd4%20%281%29.JPG


引越し後,置き場所が無く,窓下の寒い場所に放置してあったのだが,最近の冷え込みがきつい為,生きているか土を掘ったら元気に出てきました.

hfjksdfd4.JPG


拡大.
頭が黄色いのが兵蟻.

2012年01月12日

カギムシ

Peripatoides novaezelandiae

kadjasifasd.JPG

有爪動物門に含まれる生物.

以前入手した時は,「あっ」と言う間に全滅.

今回は気合を入れ,寒い場所に置いてある.

kadjasifasd%20%282%29.JPG

15℃~19℃.

ゴキブリを専門に扱っていると,どうしても「生き物は暖かいほうが元気」な環境においてしまうが,これに関しては心を鬼にして,寒い場所においている.


生息地の気候を調べると,20℃を越える季節もあるようですが,経験者の皆さんが云うように寒い環境の方が適しているのでしょう.

kadjasifasd%20%281%29.JPG

15℃でも生き生きと動き回っている.
フラッシュを使いうと,紫色に発色し綺麗.
コウガイビルよりは好かれそうな生き物である.
ちなみに例のコウガイビルは餌のミミズが合わなかったのか,突如溶けてしまいました.

2012年01月11日

ワモンゴキブリ再性能力 №2の結果

Periplaneta americana re-performance power.
The result of No.2.


asdfasf.JPG

この個体の脱皮後.

asdfasf%20%281%29.JPG


ふ節は無事再生されている.
しかし,触角が妙な事に.
背面より見て左触角が短くなり,右が4倍ほど長くなっている.

これで終齢でしょう.
次の脱皮で見事完品に生まれ変わる事を期待したい.

2012年01月10日

ヨロイモグラゴキブリの近況

A recent state of Macropanesthia rhinoceros.

saiasdf.JPG

左に見える2匹は3年前にここで生まれた仔たち.
一番巨大な個体が実父.
その下に隠れて見えるのが,新しい母.
混ぜると問題が出るかと心配したが,結構皆仲良くやっていてくれている.

今年こそは,新雌の繁殖に期待したい.

2012年01月06日

宮古島のゴキブリ類


Cockroaches inhabiting Miyakojima.

kdfgjksdof.JPG


ミナミヒラタゴキブリOnychostylus vilisとヒメチャバネゴキブリBlattella lituricollisの混生飼育.

幼虫で入手し,成虫になったら分けようと思いつつ,忙しく現在に至る.

kdfgjksdof%20%281%29.JPG

羽化し立てがいたが,脱皮ガラがそばにありヒメチャバネと判明.

kdfgjksdof%20%282%29.JPG

淡黄色一色がミナミヒラタゴキブリ幼虫.
体側に黒状が入るのがヒメチャバネ幼虫.

仲良く暮らしており,特別お互いを排除しあう事は今の所ない.

ただ,増え方を見ると,ヒメチャバネゴキブリに分がありそうだ.

2012年01月05日

ミナミヒラタゴキブリ床換え


The cleaning of the breeding case of the Onychostylus vilis.

mifjskdf.JPG

「種」自体が小さいので,出るゴミも小さい.

プリンカップに入っているミズゴケも乾燥と汚れで固まっている.

mifjskdf%20%281%29.JPG

本種は,炭カルが少しでも劣化すると,1,2齢幼虫はグングン登りつめる.

mifjskdf%20%283%29.JPG


ミズゴケもほぐし,汚くなった素材は処分する.

mifjskdf%20%284%29.JPG

ダンボールのシェルターにも抵抗無く住み着くが,天然素材のほうが見てくれも綺麗.

2012年01月04日

ヒメクロゴキブリ卵鞘

Ootheca of the Chorisoneura nigra

越冬していたものを,室温で管理した為,雌雄各1匹が成虫となってしまった.

RIMG0205.JPG

さらに卵鞘がケース下面に転がっている.
3mm無い大きさ.
マットに産卵されたら見つけるのは大変そうだ.
こんな生み方では,孵化率は低そうだが,孵化するでしょう.

もひとつ,♂が早々と絶命していた.

雌成虫の動きも緩慢.

2008.4.7%20%283%29.JPG

まだ加齢しない幼虫もいるので,こいつらに夢を繋ごう.


今年も頑張ろう.

2012年01月01日

明けましておめでとうございます.

A Happy New Year..

チャバネゴキブリ科 Family Blattellidae
ヒメゴキブリ亜科 Sabfamily plectopterinae
ヒメクロゴキブリ属 Genus Chorisoneura Brunner v.W.
ヒメクロゴキブリChorisoneura nigra

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA.JPG

♂成虫.

RIMG0207.JPG

♀成虫.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.