« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月31日

サツマゴキブリ孵化


satumfdska%20%281%29.JPG

9月に産卵し,保育状態に入った浜名湖産サツマゴキブリ.

satumfdska%20%282%29.JPG

先日,卵がやっと孵化し27匹の1齢幼虫が出てきた.
孵化までに要した日数は59日.
タッパーを置いていた場所が,冷房の風の当たる場所であったからか,少し時間がかかっている.

ちなみに前回は45日.
産仔数は40匹であった(サツマの過去ブログ参照).

satumfdska.JPG

こんな粗末な容器でちゃんと産むとは,屋外でも増えるわけですね.

2011年10月28日

マルゴキブリ床換え


やっと数えるのが大変な程度に増えてきた.
飼育環境が合っているか別として,これだけゆっくりだとケージも汚れないので,床換えの間隔が異常に長くなっていた.

maruytr.JPG


換える前.
見た目は特別問題ない様に見える.

maruytr%20%281%29.JPG

上物を取り除くとこんな感じ.

maruytr%20%282%29.JPG

実はここに脱皮殻が沢山堆積していた.
どうも脱皮殻は好きではないようだ.

maruytr%20%283%29.JPG

終了.
これでまた1年以上床換えはしないだろう.

2011年10月27日

ホラアナゴキブリ カメラの限界

シロワラジムシを排除してから誠に良く増えている.

RIMG0259.JPG

久しぶりに有翅雄を見かけた.

RIMG0141.JPG

dfsf%20%281%29.JPG

dfsf.JPG

雌.

ホラアナゴキブリを綺麗に撮るなら今使っているリコーでは無理のようだ.
次回,顕微鏡下で再挑戦する・・予定.

2011年10月26日

マダラゴキブリ幼虫水浴

ヤエヤママダラゴキブリ Rhabdoblatta yayeyamana
コマダラゴキブリ Rhabdoblatta formosana
マダラゴキブリ Rhabdoblatta guttigera

皆水浴が好きなようだ.

msadnasd.JPG

msadnasd%20%281%29.JPG

いつ見ても,誰かが水場に入っている.
この中で糞も良くする模様.

2011年10月25日

アトロポス 新成虫

Blaberus atropus
adaskdf%20%281%29.JPG

生息地である中南米の民家では,こういった風景もあるのかもしれない.

adaskdf%20%282%29.JPG

adaskdf.JPG


同定に関しては,入手できた少ない資料を基に行なった.
が,これでは誰も同定できないだろう.

2011年10月24日

ワモンゴキブリ脚再生

以前,触角無しと脚無しを紹介したが,脚無しが脱皮し,無事成虫となった.

sasioaie%20%281%29.JPG

前回の状態.
基節先端より欠損している.

sasioaie%20%282%29.JPG

脱皮後.
脚がある.

sasioaie%20%284%29.jpg


前回は矢印の所から無かった.
それが見事に再生している.
しかし,良く見ると腿節は若干細く短い.
脛節は明らかに短い.
が見た目は普通に見えるほど見事な再生である.

瞬間を見たかった.
実験的には簡単に出来るので瞬間も見ようと思えばそれほど難しくないとは思うが,業務とはあまり関係ないし,過去にさんざん実験され尽くしている筈なのでまあ良しとしよう.

sasioaie.JPG

さらに拡大.
写真右が再生.
転節も形は小さい.

2011年10月21日

ワモンゴキブリ バラ産み


batdadjasud%20%282%29.JPG

今回の卵数はいつもの単発とは違い,数が多かった.

batdadjasud%20%281%29.JPG

卵鞘はどこに行ってしまうのだろう.

2011年10月20日

ウスヒラタゴキブリ 越冬個体


ufdjuiasf.JPG

10月に入って房総方面で採集されたウスヒラタゴキブリ幼虫.

いつものK田君に頂いた.

毎回,採集してきてくれるが,なかなか累代が続かない.

F1は出るのだが,その後が・・・・.

この結果は2年後ほど先になるでしょう.
乞うご期待.

2011年10月19日

ネットに首ったけ


kjagf.JPG

nuergdf%20%283%29.JPG

nuergdf%20%281%29.JPG

狭山に行った際,茶畑に張られたネットの風景.

飛んできて,ネットに気がつかず突っ込み挟まったか?

nuergdf.JPG


とも思ったが,こいつはもがきながら脱出しようとしている.
ちょうど頭が入るサイズなので,止まった際,飛び越える事をせず,潜り抜けようとして身動き出来なくなり,こうなったのではないだろうか.

笑えるほどこのネットにくっついていた.

2011年10月18日

ゴキブリ写真 2

%EF%BD%94%E3%82%8A%E3%81%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%88%20%282%29.JPG

チャオビゴキブリSupella Longipalpa 雄成虫

%EF%BD%94%E3%82%8A%E3%81%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%88%20%281%29.JPG

雌成虫.

%EF%BD%94%E3%82%8A%E3%81%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%88.JPG

幼虫.

バックの色が違うのがいい加減な証.
も少しセッティングに時間をかければ,もっと綺麗にできる.
と思う.

2011年10月17日

ゴキブリ写真 1

発表スライド用に撮ったが,いい加減な私の写真としては,綺麗に出来たと思うのでご紹介.


minami.JPG

ミナミヒラタゴキブリOnychostylus vilis


%E3%81%8A%E3%81%8C%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%99%E3%80%80%EF%BD%87.JPG

オガサワラウスヒラタゴキブリOnychostylus pallidiolus boninensis


%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87.JPG

ヒメチャバネゴキブリBlattella lituricollis


%E3%81%84%EF%BD%92%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%96%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

イエゴキブリNeostylopyga rhombifolia
これだけはW採集品につき,いろいろ欠損がある.

2011年10月14日

Deropeltis sp.

zyusdf%20%281%29.JPG

エチオピア産だそうだ.

雄の形態はDeropeltis erythrocephalaに良く似ている.

zyusdf%20%282%29.JPG

が,雌は少し角ばっており,卵型の形態に見慣れた現在,少し新鮮である.

zyusdf%20%283%29.JPG

幼虫は,金色の微毛を身体にまとい,光の加減でビロード状に見える.

2011年10月13日

コウモリの骨格

PCO業は害虫ばかりが対象ではない.

ヘビやコウモリなど,様々な生き物の相談がくる.
それも楽しみの一つである.

koo.JPG

コウモリ調査で拾ってきた骨格.

結構綺麗に,カツオブシムシ類に食べられている.

多分種名はアブラコウモリ(イエコウモリ)Pipistrellus abramus.

koo%20%281%29.JPG

こちらは食べられる前.

日本のコウモリ類は,鳥獣保護法により保護されており,生体の捕獲,飼育は出来ません.
ご注意を.

2011年10月12日

Panchlora nivea

mifd%20%281%29.JPG


この写真だけ見たら,マツムシか何かの飼育写真と思うかもしれない.

mifd.JPG


青や赤も見たいですね.

2011年10月11日

クマネズミ交尾

夜中に実験をしていたら どたばたと始まりました.

gf%20%285%29.jpg

gf%20%282%29.jpg


まず,1匹の雌(白)の後を複数の雄が付いて大運動会.

gf%20%281%29.jpg

2,3周して雌が立ち止まったところを1匹の雄が後ろから交尾を仕掛けます.

gf.jpg

瞬間的に交尾はおわり.

gf%20%283%29.jpg


これを何度も繰り返す.

雌は白いので分かるが,雄がいつも同じ個体なのか,目を凝らして見ていたのだが,良く分からない.

ハツカネズミの交尾は良く観察さるが,クマネズミの交尾は初めて見た.

2011年10月07日

オガサワラゴキブリ 母島産

以前同属がダニにより酷い目にあったが,今回もオガサワラゴキブリのマットにダニが変な出方をしていたので調べてみた.

hahahjusha%20%281%29.JPG

hahahjusha.JPG

すると,幼虫がおかしな死に方をしている.
しかし,顔面や大切にはダニは付いていない.

hahahjusha%20%282%29.JPG


生存していたのはこれだけ.

hahahjusha%20%283%29.JPG


中に変な形態の(幼虫+成虫)/2が2匹??
しばらく観察する事とする.

2011年10月06日

コワモン幼虫脱皮

RIMG0336.JPG

コワモンゴキブリ幼虫脱皮.
抜けた古い外皮と向き合い,これから食べようとしている所でしょうか.

2011年10月05日

Blaberus giganteus 飼育

ブラベルス ギガンテウス飼育.


gigasiku.JPG

大きいだけで,特別癖があるようには見えない.

ただ大きいので,羽化時に翅バカが生じる.
そこで,コルクマットを丸め入れてある.

幼虫から成虫まで,コルクの内側に張り付いている.

他の土中性に見える種も,こうしたレイアウトをすると,張り付く状態を好む種がいくつもいると思う.
順次,導入していければと思う.

2011年10月04日

Archiblatta hoevenii メスと卵鞘


saikdsi%20%282%29.JPG

jiosdf%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

その後,卵鞘は良さそうなのを産み続けているが,一向に孵化しない.

矢印が卵鞘.
本当に良さそうな状態に見えるが・・・・.

年内には答えが出るであろう.


関係ないが,先日紹介したゴキパッチンは,○急ハン○に売っているそうです.

「ドッキリガム」で検索するとネット上でも結構ヒットします.

2011年10月03日

Hemithyrsocera histrio床換え

本種の1齢幼虫は,非常に小さい事が障害となり,増えはじめてからは床換えが出来ないでいた.
しかし,死骸やマットの劣化(ミズゴケの変色や糞・死骸のカビによる劣化)が目立ち始め,これ以上放置すると,幼虫死亡が始まりそうな気配がしたので,床換えを強行した.

kjgfiidf%20%281%29.JPG

前.

kjgfiidf%20%282%29.JPG

死骸の山だが他の種の死骸より綺麗ではある.

kjgfiidf%20%283%29.JPG

大物を移し終えた後の最後の移動.
ゴミ等は移さないように,虫体のみ誘導する.

炭カルの上にしがみ付く1齢幼虫.
蟻そっくり.

kjgfiidf%20%286%29.JPG

終了.

kjgfiidf%20%285%29.JPG

すっきりした所で.

先程の1齢幼虫も含め,本種は齢数によって形態が変化する.
ゴキブリの中では数少ない幼虫も楽しめる種ではないだろうか.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.