« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月31日

コワモンゴキブリ 交尾


kowamonnkoubi.JPG

左が♀.
右が♂.
同じゴキブリ科の中でも,ワモンやトビイロの前胸背板は,雌雄で大きさがあまり変わらないが,コワモンゴキブリは見て違いがわかるほど大きさが違う.

kowamonnkoubi%20%281%29.JPG

横より.

2011年01月28日

Rhyparobia maderae 飼育

マデラゴキブリの飼育.

飼育当初は,ヤシガラマットを入れていたが,現在はこんな感じ.

maderasiiku.JPG

害虫群に入れられる種だけあって,ワモン飼育のように簡単なセットで増えている.
しかも卵胎生の為,卵鞘時の事故も少なく,卵鞘を産み落とす種より確実に増える.

餌はネズミ固型飼料.

写真は床換え間近の状態.

2011年01月27日

ワモン of the iou

zawamonn.JPG

片前翅が羽化不全なのは残念ではあるが,ワイルドワモン.

2011年01月26日

Hemithyrsocera histrio 初齢後期幼虫

irohennak%20%281%29.JPG

体長5mm程度.
腹背面にはアリの腹部に似せた黒斑がある.
終齢近くまでこの特徴は残るようだ.

2011年01月25日

Hemithyrsocera histrio 退色

irohennak.JPG

羽化したての成虫.
生涯このような色だと思っていたが,歳をとると退色する.

irohennak%20%282%29.JPG

飼育は爬虫類ではないので,薄暗い環境である.

紫外線など太陽光を浴びていると退色はしないのだろうか.

2011年01月24日

仔を思う母クマネズミ

クマネズミの繁殖は難しい.
ドブネズミのように,狭いケージの中では中々繁殖をしない.

そんな中,この夫婦はケージの中で3回目の出産をした.

今回は6匹生まれ,4匹残った.

kowoomouhaha.JPG

生後3週齢の子供.
すでに目が開き,走り回るが母の懐が居心地良いようだ.
しかし,腹下に収まっていない.
腕を伸ばし,仔をかばう様にこちらを警戒している.

2011年01月21日

ゴキブリ3億年のひみつ

ゴキブリに興味を抱いた人であれば,名前ぐらいは聞いた事があるでしょう.

安富和男博士の書かれたゴキブリ本.

hohoonn%20%284%29.JPG

歴史から人との関わり,行く末まで分かりやすくまとめてある良い本.

hohoonn%20%285%29.JPG

書店では絶版になっていたと思う.
もし見つけたら即買.

2011年01月20日

トビイロゴキブリ交尾

トビイロゴキブリ交尾.

tobikoubi.JPG

トビイロゴキブリ自体がそう多くないので,そうそう見る機会が無い.
ワモンと変わりないともいえるが.
これは雄の翅が上にきている.

tobikoubi%20%281%29.JPG

横より.

tobikoubi%20%282%29.JPG

色んな角度から写真を撮ろうといじっていたら,
雌の翅が上に来ている.
交尾にあたり,翅の位置はどちらでも良いのであろう.

明日より1週間出張します.
ブログの更新は出来ると思いますが,その他の作業は止まります.

2011年01月19日

マダゴキ類のダニ駆除 その4

ちょうど1年前に全数水洗駆除を実施したが,残党がいたらしく,現時点で再び大発生となってしまった.

幸いな事に,炭カルの滑り効果と,蓋の間にシートを挟んでいる為か,他のマダゴキ類には移らない.

danikuzo.JPG

前回水道洗浄した後に,ダニに効果あると教えてもらったスプレーを使用して見た.

danikuzo%20%281%29.JPG

腹面に多く付着しているので,腹面だけ2吹きかけた結果.

danikuzo%20%282%29.JPG

スプレーを避けて背面や,ゴキブリから離れて徘徊するダニもいる.
一応効果はあるようだ.
しかし,
一晩置いといたら,元の通りゴキブリに付着していた.
スプレーした後,離れたダニを回収しないと,ダメなようだ.
ダニを殺す訳では無いので,当たり前といえば当り前だが.

2011年01月18日

Archiblatta hoeveni 産卵?

数日前,とほほな産卵を紹介したが,今度は少し期待できそうな卵鞘を産んでいた.

mareayasi.JPG

幾分,昨日の不完全白卵鞘が入っていそうだが,状況は改善されてきたと喜びたい.

mareayasi%20%281%29.JPG

2011年01月17日

白い卵鞘

sirorann%20%282%29.JPG

トビイロゴキブリの未交尾♀の卵鞘.

ワモンゴキブリなども,未交尾だとこのような色素の抜けたような卵鞘を生む事がある.
結末は卵食されるのだが,正常に産下されたとしても,孵化はしない.

2011年01月14日

Princisia vanwerebecki 飼育

虫体自体が大きくなる為,
飼育容器はプラケ特大の浅底の物を使用している.

puririsii.JPG

マダゴキといわれるグループは繁殖は容易なイメージがあるが,突然産まなくなったりする為,少ない個体数から飼育を始めると,意外と難しい事がある.
ベストな飼育環境は不明.
このスタイルでも本種は維持できている.

2011年01月13日

ワモンゴキブリ頭部

たまに,好きなゴキブリは何ですか?
と聞かれる事がある.
好きと,欲しいは別と考え,「ワモンゴキブリ」.
と今の時点では答えている.

wamonnhedo%5D.JPG

正面.

wamonnhedo%5D%20%281%29.JPG

横.

wamonnhedo%5D%20%282%29.JPG

斜め.

理由を聞かれても,これといってないが,どこにでもいるコスモポリタンな昆虫.
大きい.
綺麗.
繁殖が楽.
寿命が長い.
単為発生する.
探すとまだたくさんあると思うがこんな所で.

2011年01月12日

ゴキブリと駆除

書籍名  :ゴキブリと防除
著者   : 緒方一喜・田中生男・安富和男
出版社  :(財)日本環境衛生センター

衛生害虫として重要な種 13種を解説し,ゴキブリの歴史から生態・駆除・飼育までまとめてある.

hohoonn%20%288%29.JPG

表紙はコワモンゴキブリ(卵鞘生み始め).

hohoonn%20%289%29.JPG

裏.
価格は2000円.
すぐには絶版にはならないだろうが,買っておいて損は無いと思う.

2011年01月11日

Archiblatta hoevenii 想定外

前にも書いたが,F2の成長は,脱皮不全にならず,順調に成虫になっている.

dameaam.JPG

唯一,同卵鞘内で成長不良だった幼虫が,やはりダメだった.

後一つ.ずっと気になっていたのだが,雌が卵鞘を付けているのを今回は見た事が無い.

♀成虫♂成虫共に複数おり,F3は「うはうは」と高を括っていたが・・・.

やっと確認できた卵鞘はごらんの通り.

これはやばいかも.
原因を究明中.
というか全く解らない.

2011年01月07日

チャバネゴキブリ孵化

PCOの業務の中で,最も多く接する昆虫がチャバネゴキブリである.

チャバネゴキブリの生態も,その実態も普通の人よりは詳しく身に着けている.
孵化する瞬間も,様々な経験から特別な物という感じはしていなかった.

がしかし,実際目撃すると,見た事が無いことに気がついた.
というか,そんな暇が無いと言うのが正解かもしれないが.

4funn.JPG

卵鞘を中に浮かせたまま幼虫があふれ出している.

dada6funn.JPG

まだ持ちこたえている.

dadas%2011funn%282%29.JPG

開始から11分後.

37funn.JPG

皆脱出が終り,自立して行動を始めている.
がまだ親は卵鞘をつけて立っている.

46fufuuf.jpg

と目を放した隙に,から卵鞘は外れて転がっていた.
この間約50分.
感動の出来事であった.

2011年01月06日

昆虫ゼリー

昆虫の飼育餌といえば「昆虫ゼリー」.
ムカデやハチといった毒虫までカバーする万能餌.

ゴキブリの飼育にも最近良く使う.

RIMG0722.JPG

ヨロイモグラがゼリーを食べる様子.
もちろん,飲み水は基本であるので入れている.

食性がわからない種にはとりあえず使う.
しかし,無くてはならない物でも無さそうであるが・・・.

いろいろ使ってみたが,乳酸系はゴキブリには人気なし.

意外と○○タンパクゼリーとかより,安価な単味の物の方が好む気がする.

2011年01月05日

コマダラゴキブリ 交尾

RIMG0708.JPG

♀の翅が多少不全であるが,交尾をする体力があれば産仔までいけるだろう.

マダラゴキブリ類は増えるときは何もしなくても殖えるが,何かのタイミングで体調をはずすと,一気に全滅に向かう(私の飼育法では).

油断大敵.

2011年01月04日

オオモリゴキブリ 3齢幼虫

表題と全く関係ないが,昨年末,桜島が雪に覆われる映像を見た.
鹿児島県は,九州の中でも独特のゴキブリ達が生息する地域.
ヒメマルゴキブリも鹿児島に産すると聞くが,あの雪の中無事越冬できたであろうか.

ooomo.JPG

Symploce gigas gigas 3齢幼虫.
孵化後約2ヶ月.
体長は7mm内外.

ooomo%20%281%297mm.jpg

体色は薄黄色.
野外種ではあるが尾肢の周りに,Periplaneta属幼虫が蓄えている白濁した粘性液を有している.

この調子で成長すれば,春先には成虫になりそうだ.

2011年01月01日

Macropanesthia rhinoceros

1.1.jpg

本年もよろしくお願いします.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.