« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月28日

フタテンコバネゴキブリ単為発生

tannji.JPG

本種は単為で卵が発生する.
上は単為発生した♀個体.

孵化率は悪いが単為でF1までは種を維持できる資質を持っている.
当然生まれてくる性は雌のみ.
しかし,F2はダメであった.
卵鞘は産むが,孵化しなかった.

さて,年内の本ブログの更新は今日で終りです.
一年間ありがとうございました.
来年は国内種のさらなる充実をめざし,努力したいと思います.

2010年12月27日

デュビア 飼育

アルゼンチンフォレストローチ.

餌ローチの代表格.

deligua.JPG

餌切れ,水切れにも強く,よく殖える.
何と言っても幼虫が強い.
糞も乾燥しており,飼育していて臭いがほとんど感じられない.

2010年12月24日

冬場の温度管理

事務所が移転して初めての冬を迎えている.

以前居た所は,空調管理されたビルの中であったので,室温や湿度の管理はあまり気を使わなかった.

今の場所は,暖房は入っているが隙間風がどこからともなく入ってきて,温湿度管理が大変である.

onndok-.JPG

棚の最上部に置いた温度計.
上は28℃.
湿度23%.

onndok-%20%281%29.JPG

下はこの位置で23℃.

上下の高さは約180cm.

現在,棚の高さ(温度)により,低温に強そうな種と,弱そうな種を分けて置いている.

2010年12月22日

10月5日に移し替えたシロアリとメクラヘビ

約2ヵ月半経過.

mekurahf.JPG

地表は静かである.
トビムシが無数に走り回っている以外,大きな生物の気配はない.

どうなっているのであろうか.

表面に配置しているデバイスを掘り返したが,シロアリはいなかった.

mekurahf%20%281%29.JPG

中間層に埋設してあるデバイスを割ったら出てきました.

メクラヘビも潜って逃げる姿を確認したので,両種とも健在のようだ.

2010年12月21日

フタテンコバネゴキブリ飼育

futassten.JPG

野外種ではあるが,飼育に関しては特に気を使わなくても問題は無さそうである.

ただ,冬場は加温が必要だと思う.
現在約22℃の環境で飼育中.

餌は固型飼料のみ.
水カップには,以前はミズゴケを配置していたが,現在は入れていない.
野外採集個体はあった方が良いかも知れない.

2010年12月20日

クマネズミの仲良いペア

クマネズミの繁殖は難しい.
基本的には広いケージで行なう.

nakayoyo.JPG

これは,狭いケージでも繁殖する数少ないペア.
いかにも仲が良さそうである.

相性が合わないと,雄はとんでもない目にあう.

2010年12月17日

マルゴキブリの餌

ブログを遡ると,2009/09/18にF2が生まれている.

marue.JPG


写真の幼虫はその時生まれたF2の仔.
すなわちF3.
やはり,約1年半近くかかっている.

これは殖えない.
というか,時間がかかる.

餌は固型飼料と,昆虫ゼリーを与えているが,特別よく食べているように見えない.

今回,家で飼っているハムスター用の「ベビーコーンおやつ」のような物が,時化って処分する事にしたので,たまたま偶然与えてみた.

幼虫が寄ってきて食べている様子.
表面は,確かに最初より削れて減っている.
固型飼料より嗜好性が高そうである.

2010年12月16日

粘着クマネズミ

約10日ほど前に粘着シートにて捕獲したクマネズミ.
飼育する為,粘着シートよりはがしたのち現在の状況.

haekawa.JPG

ネズミの体表(毛等)に付着したポリブデン(粘着剤)は,毛ごとはがれこのような毛の無い状態に一時的になります.

人間の髪の毛ではこうはならず,伸びて切るまで付いているでしょう.
同じ毛のようなイメージでしたが,長さが決まっている体毛と,伸び続ける髪の毛とはメカニズムが違うようです.

これで,半月もしないうちに小奇麗な出で立ちとなります.
この間に,体表中のイエダニ類の駆除をフェノトリン等のパウダーで行なっておきます.
ちなみに,この個体は生後1ヶ月以内の幼獣です.

2010年12月15日

Eurycotis spp.交尾

Eurycotis属の中でも以外と苦戦している種.

卵鞘を産まない.
幼虫がわけもなく死亡する.
しかし,他は全く元気.
Eurycotis floridanaは害虫.
本種はたぶん違う.
その違いだろうか.

oppaka%20%281%29.JPG

とりあえず交尾をしているので,後10日後ぐらいには生み出すのではないだろうか.

oppaka.JPG

大きくなる種なので,迫力がある.

2010年12月14日

ジャイアントウッドローチ飼育

tesse.JPG

体長が大きいので,ある程度殖えた時から大プラケで飼育している.
マットは必要ないかもしれないが,チャレンジする余裕もなく,ヤシガラマットで飼育している.
マットは乾燥していても,私の所では問題ない.
半年ほど飼育していると,マットもなくなり糞がマットのようになる.
ヤシガラも食べるようだ.
おにぎりの沢庵も食べるぐらいだから,何でも食べる.

基本的な餌は例の固型飼料.

2010年12月13日

白鼠の子供

クマネズミのアルビノ系統が,絶滅の危機に瀕していた.
全然繁殖しない.
私の家よりも良い環境を与えているのに.
残ったのは白♀,茶♂各1匹.

そこで,繁殖しやすい小笠原系の♂に白♀をかけた.

ko.JPG

結果,やっと生まれました.
とりあえず黒と茶ですが,この仔達に繋ぎます.

2010年12月10日

飼育ケージ

ゴキブリの飼育ケースは,主にプラケ中を使っている.
しかし,プラケといっても様々な種があり,どれを使うかは個人の自由.
私の場合,いろいろなメーカーを使った結果,今の2種に落ち着いている.

ke-zzi.JPG

メーカー名は写真から推測してもらうとして,この2種何が良いかというと,四角い.
重ねるのに便利だし,変に膨らんでいないので,収納にも場所を取らない.
熱湯を入れてもひびが入りにくい.
蓋の密閉度は左はきつめ,右は余裕がある.
キツイと言っても,ダニや小型幼虫が逃げ出しても嫌なので,紙タイプの防虫シートを入れている.

ke-zzi%20%281%29.JPG

防虫シートもそれぞれ違いがあり,左の蓋とケースの隙間が少ない場合は薄めのシート.
右のケースは隙間が少しあるので厚めのシート.

ちなみに炭カルを使っていても逃げる幼虫はミナミヒラタゴキブリなどの小型野外種.
余裕で登ってくるので,そういった種を飼育する場合は,左のキツメで飼育する.
同種産地違いが結構あるので,絶対に逃げない,逃げても入らない.
の2重のコンタミ対策である.

2010年12月09日

オガサワラゴキブリ属の床換えグッズ 他

オガサワラゴキブリ属の飼育はマットを使用している.
マット(ヤシガラ・腐葉土等)は,ゴキブリ自体の餌にもなり,身を隠す役にもたっていると思う.
飼育自体はそれほど難しくない為,順調に飼育できればマットが劣化してくる.
マット交換の際,マットと初齢幼虫を分けるのが結構大変(不可能).
そこで,幼虫の体形等を考慮し,篩を使ってみたら,上手くいった.

sinnheiki.JPG

sinnheiki%20%2811%29.JPG


篩は様々な規格があり,写真の目のサイズであれば,1齢幼虫も通すことなく細塵のみを分けることが出来た.

sinnheiki%20%287%29.JPG


幼虫は1匹も篩の目から落ちていない.

sinnheiki%20%289%29.JPG

ただし,ぼやぼやしていると篩の上から成虫が逃げるので素早く作業する.

一つ訂正と侘びです.

昨日,コメントの方で海外のサイトをご紹介しましたが,日本国外との昆虫類を含む動物の取引に関しては,日本の法律の中で様々な規制があります.
植物防疫法,外来生物法,ワシントン条約,家畜伝染病予防法(昆虫類は関係ない)
海外では,日本国内では違法になるものと,合法な物とが混在しています.
その辺りを十分に確認の上,しかるべき手続きに従って,法律に遵守し行なうようお願いします.

Hideziさん,いろいろありがとうございます.

2010年12月08日

ヤマトゴキブリ飼育

yamatosiiku.JPG

他のPeriplaneta属と同様で飼育できる.
熱帯種と違い本種も爆発的に殖えず,床換えの頻度も少なくてすむ.

昔の昆虫図鑑とかを見ると,クロゴキブリの♂成虫写真を,ヤマトゴキブリと解説しているものが多く見られる.
それほどゴキブリは興味の対象からは外れた昆虫だったのだろう.
この間違い,結構多いので探してみると楽しいかも.

2010年12月07日

ネッタイジムグリローチ復活


オガサワラゴキブリ同様適当飼育をしていたら幼虫が3匹ほどしかいなかった.
昨年の事である.
本種は,オガサワラゴキブリよりも小型である.
その為か,乾燥には弱かったようで,乾燥飼育をしていたらそうなった.

心機一転.
雌雄はかろうじて確保できていたのでじっと我慢の小規模飼育をしていた.
やっと晴れて小プラケから中プラケに移せるまで殖えた.

nettazi%20%281%29.JPG

♂成虫.

nettazi.JPG

♀成虫.
意外と気に入っている.
そのうち同定いたします.

2010年12月06日

Therea petiveriana 卵鞘孵化

Therea属は5種が記録されており,そのうちの2種がペットローチとして流通している.
分布は全てインド地方で,本属はインド特産なのだろうか.
昨年,インドに行ったときは影すら見なかったが.
たぶんジャングルの奥地に生息しているのだろう.

moyou%20%281%29.JPG

安富和男博士が書かれた「ゴキブリ3億年のひみつ」には「ナナホシビロウドゴキブリ」の名が付いている.
ドミノがいつから使われだしたか分からないが,こちらの和名も的を得ている.

1993年に出版された本なので,ペットとしては古くから有名であったのだろう.

しかし,孵化したから言えるが,中々殖えず苦戦していた.

moyou.JPG

やっと卵鞘が孵化.
うれしいですね.

2010年12月03日

残念

11月末に朝比奈正二郎博士が亡くなられました.
97歳だったそうです.
一度お会いしたいと思っておりましたが,残念です.
謹んでご冥福をお祈りいたします.


zannnenn%20%281%29.jpg

zannnenn.JPG

2010年12月02日

蟻の展足

集めるのは好きなのですが,標本作製は苦手です.
従ってあまり無茶はしないのだが.

akaka.JPG

針は微針を使い触角や脚を固定する.

しかし,ここまで小さいとちょっとはまりそうである.

以前43のフルディテールを作っていた頃の感覚が甦ってくる.

今はいいが,乾燥後はどうやって整理するのだろうか.

2010年12月01日

Pseudomops septentrionalis

family Blattellidae
subfamily Blattellinae
genus Pseudomops Serville, 1831
species Pseudomops septentrionalis Hebard, 1917
アメリカ・メキシコ・コスタリカに分布.

kirei%20%283%29.JPG

♀成虫.

kirei%20%286%29.JPG

♂成虫.
♀と♂の簡単な見分けは翅の色.
黒っぽく見えるのは♀.
薄茶色に見えるのは♂.

kirei%20%288%29.JPG

産卵.
成虫の大きさはモリチャバネほどの小型種.
オレンジ,黒,白の配色が美しい.
テラリウムの中で,本種やPanchlora nivea,Hemithyrsocera histrio,Onychostylus vilisなどを飼育したら楽しそうです.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.