« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月30日

オオムカデ 床換え

石垣産のオオムカデ.
ヤンバルオオムカデといわれる種ではないかと思うが確かにでかい.

mukade%20%282%29.JPG

タッパーに穴を開け,逃走防止に金網を貼り付けた容器で飼育していたが,狭くなってきたので引越し.

mukade.JPG

こちらに移動させようと思う.
容器は小プラケ.

mukade%20%281%29.JPG

蓋の内側には金網をはめる.

mukade%20%283%29.JPG

移動中.
右手でムカデ.
左手でシャッターを押したのでぶれている.

にしても恐ろしかった.
この大きさになると,長ピンセットもぐいぐい登ってくる.

mukade%20%284%29.JPG

大暴れの末何とか収まったが,金網に張り付き下りてこない.
測ると20㎝ほどあるようだ.

2010年06月29日

ヒメマルゴキブリ飼育

hi9mwemarusiiku.JPG

現在,こんな感じで普通に増えている.
手入れは1~2ヶ月に一度ほど(これは中のゴキブリ数により前後すると思う).
増えてくると,餌の消費が早く餌だけはもう少し短い間隔であげている.

密度が高くなるほど飼育が安定するようだ.

2010年06月28日

カシノシマメイガ

Pyralis farinalis
本種は,食品工場などで話題になる蛾類で,ノシメマダラメイガよりはるかに大きく,夜間街灯に飛来する蛾に雰囲気は似ている.
綺麗な蛾で.何度か飼育しようとしたが,手を抜くとすぐ絶える.

ゴキブリには関係なさそうだが,たまにゴキブリ飼育断念等による,ケージごとゴキブリを貰い受けると,本種が発生していることがある.

kasinosimameiga.JPG

それがいた.
ケージに張り付いていた.

最近,ノミバエが飼育室内で飛んでおり,原因解明の為,全ケージ確認したら2匹見つかった.
これまた原因がわからない.
これで最近見かける害虫は,クロゴキブリも入れて3種になってしまった.
少し本腰を入れなければならないだろう.

2010年06月25日

モリチャバネゴキブリ 羽化

千葉県産モリチャバネゴキブリ

%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E7%94%A3%20%281%29.JPG

幼虫.

%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E7%94%A3%20%282%29.JPG

成虫.
モリチャバネゴキブリは,生息地によって前胸背板の黒斑の形が変わる.

%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E7%94%A3%20%283%29.JPG

羽化間もない個体.

2010年06月24日

ワモン産卵開始

生み始め.

1.JPG

まだ形になっていない.
卵鞘は,体内で作られ外部に出てくるのではなく,腹端から外部に出る直前で形成されながら出てくる.

2.JPG

2010年06月23日

クロ大発生

結構頻繁に見るようになってきた.

matahyousatu.JPG

流し台近くで雌雄が徘徊.

matahyousatu%20%281%29.JPG

前回使ったエアゾールを散布.

matahyousatu%20%282%29.JPG

やはり逃げられた.

matahyousatu%20%283%29.JPG

2匹いたが,雌は逃げられ雄のみ冷凍.
クロゴキは対象として大きすぎる.

2010年06月22日

ヤマビル 卵3

2個目を産んだのを確認して以来,放置していた.

kabbi.JPG

最初に産下された卵に,カビのようなものが生えている.
ちょっと意外な状態.
簡単に孵化すると考えていたが,雑菌だらけの手で触ったのがいけなかったのだろうか?

kabbi%20%281%29.JPG

親はまだ腹一杯の状態で,吸血行動に出る気配は無い.

2010年06月21日

クロゴキ氷殺虫

夜,テラスに出ると,沢山いることに気づいた.

hyosa.JPG

管理されていないゴキブリは少し困る.
抜本的な駆除を考えなければならないが,それはこの次として,とりあえずこの個体だけでも.

このフロアーは害虫類を飼育しているため殺虫剤は使えない.

と言う訳で,前から使ってみたかった殺虫成分の入っていないエアゾールを試す.

hyosa%20%281%29.JPG

エアゾールの勢いで虫体が吹き飛ぶが動きをそぐ事は出来るようだ.

hyosa%20%282%29.JPG

引っくり返っているうちに集中散布.

hyosa%20%283%29.JPG

凍っている.

蘇生するかと思ったが,翌日もそこにひっくり返っていた.

2010年06月18日

またしてもクロゴキブリ卵鞘

sgabb.JPG

壁にかけてあるガンを見るともなしに見ると,黒い見慣れたものがついている.
前回使ったのが約2ヶ月前だから,使用直後にこの部屋に♀が出没し,産卵したのだろう.

sgabb%20%281%29.JPG

しかも,孵化している.
この前の天井の卵鞘といい,どうにかしなければ.

2010年06月17日

コロセウスとギガンテウス

gigakoro.JPG

左がBlaberus colloseus.右がBlaberus giganteus.
ブラベルス属をいろいろ見てきたが,この辺が落ち着きどころではないだろうか.
コロセウスは翅に黒斑が出てこない.
ギガンテウスは翅中ほどから先端にかけて黒斑が発現する.

もう少し見ていくと,アトロポスあたりも見えてきそうだ.

2010年06月16日

ワモンらしくないワモン


kakkowamonn.JPG

ワモンらしくないワモンゴキブリ.
前胸背の黄紋も少ない.

kakkowamonn%20%281%29-1.jpg

翅もブラベルスのような広がり方をしている.

2010年06月15日

産卵角度

ワモン卵鞘続きです.

rannsyu.JPG

今度は極端に上方にせり上がった卵鞘.

fuuu.JPG

普通は傾いていてもこの位.

2010年06月14日

ワモンゴキブリ床換え

wamonntoko.JPG

大型で成虫になるまで時間のかかる種も,増えたら当然ケージは汚れる.

wamonntoko%20%282%29.JPG

死骸と生体,卵鞘が混在している.

wamonntoko%20%281%29.JPG

水容器も汚れがひどい.
ガーゼを齧るのでもう少し放置すると,ガーゼが落ちる.
落ちると蓋のヘリを齧りだすので,「ぺチン,パチン」といった不気味な音を出し始める.
逆にその音がすると,「水無いな」と分かるしだい.

wamonntoko%20%283%29.JPG

交換後.
だいぶすっきりしましたが,一月もすると元の状態に戻る.

2010年06月12日

チャイロネッタイスズバチ

これより離島します.
着くのは明日の午後3時過ぎ.

zyangu%20%281%29.JPG

ウエザーステーションより.(たぶん東京方面)
海がきれいである.

zyangu%20%283%29.JPG

こちらは,旭日山付近のジャングル.

zyangu%20%282%29.JPG

山の駐車場付近で見かけたチャイロネッタイスズバチ.
外来種である.
小笠原諸島,父島,兄島,弟島に定着している.
地表でホバリングしていたところをうまく撮ることが出来た.
大型のハチといえばオガサワラクマバチもいるが,こちらは撮るチャンスがない.

2010年06月11日

母島

日帰りで母島に行ってきました.

hahazi%20%281%29.JPG

ははじま丸.
父島と母島は約50km離れており,2時間ちょっとで連絡している.

オガサワラゴキブリを探したのだが,母島の土壌は赤土の石のようなもので出来ており,いくら探してもいない!
あちこち探し,1時間ほどかけて5,6匹やっと見つけた.

hahazi%20%283%29.JPG

父島で1時間もかければ数え切れないほど取れるのだが.
ポイントが悪かった可能性もあるが,まあ取れたので○.
本種は山の中より人工的に人の手が入った場所が多く見られる.

hahazi%20%282%29.JPG

オガサワラゴキブリよりも沢山出てきたコワモンゴキブリ幼虫.

hahazi%20%284%29.JPG

同数出てきたワモンゴキブリ幼虫.

母島の日帰り滞在時間は約4時間.

hahazi%20%285%29.JPG

出向時間までの数十分港周り探すと,オガサワラトカゲガが沢山いました.
父島ではあまり見ることが出来ないが,ここは街中にて沢山見ること

2010年06月10日

オガサワラカミキリモドキほか

オガサワラカミキリモドキ Eodia ogasawarensis  

birou%20%281%29.JPG

ランプ虫とも言われ,刺激するとカンタリジンを含む体液を出し,それに触ると水泡を起こすと言われる.
とわいえ,小笠原の固有種である.

birou%20%282%29.JPG

その蛹.

birou%20%283%29.JPG

ビロウの枯葉についた卵鞘.
オガサワラウスヒラタゴキブリかミナミヒラタゴキブリのものだろう.

RIMG0070.JPG

イエシロアリの群飛.
規模はまだまだだが,今まで見た中では大きかった.

RIMG0082.JPG

しばらくすると,羽を落としペアになっている個体が沢山地面を徘徊している.
このうちの何%が巣を構築できるのだろうか.

2010年06月09日

小笠原到着

昨日,10時発のおがさわら丸にて一晩揺られ,今日定刻11時30分に父島二見港に到着しました.

昨日は出航後前線通過のため 天候は雨.

ogasgasga%20%281%29.JPG

出航後東京湾内のおが丸.

ogasgasga%20%282%29.JPG

夕方,周りは低く垂れ込めた雨雲で何も見えない.
残念ながら夕日は見れませんでした.

父島の天候は曇り.
いろいろあいさつ回りの後,夜に州崎に出かけ見つけた生き物.

ogasgasga%20%283%29.JPG

葉上にいるオガサワラゴキブリ♀とアシダカグモ.

ogasgasga%20%284%29.JPG

睡眠中のグリーンアノール.
♀ですね.

明日はどんな生き物を見ることが出来るでしょうか.

2010年06月08日

カビが生えた卵鞘

ワモンゴキブリの産卵は,腹端に卵鞘が見え始めて約1日以内に終了する.

kabihae.JPG

この卵鞘は生み出して3日目??
表面が白くなっている.

kabihae%20%281%29.JPG

どうもカビのように思える.
これはダメかと思ったが,翌日見ると普通に産卵されていた.

2010年06月07日

ヤマビル産卵2

2個目を産んでいた.

2kome.JPG

右が前回.
左が土曜日に発見した卵.
約1週間間隔で産んでいる事になる.

2kome%20%281%29.JPG

親はまだ活発に動く事はなく,ジッとしている.
この感じだと,まだ2卵は楽に生みそうである.

2010年06月04日

 「ムシの日」

「6月4日」 ムシの日です.
言われて気が付きました.
虫の日は自慢のゴキブリ(虫)を・・・.
らしいので,自慢ではないですが,あまり見ることの出来ないショットを.

3osu.JPG

♂成虫3頭.
結局,最終的に成虫になったのは,♀1,♂4.
大失敗である.

2010年06月03日

ヤエヤマキスジゴキブリ 産卵

交尾の結果.
こうなる.

rannsyouseityo.JPG

卵鞘 生み始め.
白がまぶしい.

rannsyouseityo%20%281%29.JPG

産み落とす直前.
ワモンゴキブリなどは産み始めでも茶色く色が付いているが,本種は真っ白.

2010年06月02日

ヤエヤマキスジゴキブリ 交尾

kokokobi.JPG

右が♀.
左が♂.

kokokobi%20%281%29.JPG

横から.

2010年06月01日

ホラアナゴキブリ ♂

ttyuou.JPG

少し鮮明な写真が撮れた.

ttyuou%20%281%29.JPG

もう一つ.
今使っているカメラではこれが限界だろう.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.