« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月31日

ヤマビル 卵

yamatama%20%281%29.JPG

吸血後約20日で産卵.

yamatama.JPG

産後の親ヒル.
縮んでしまったかと思ったが,まだ十分太い.

yamatama%20%282%29.JPG

透明ケースの上で拡大.
綺麗ですね.
しかし,知識無しに山で拾ったら,この得体の知れぬ物体は不気味かもしれません.

この中に何匹か入っているのだろうか?
見た目では1個の卵にしか見えないが.
数匹出てくるのか?
お楽しみに.

2010年05月28日

ゴキおもちゃ

最近の頂き物.

omotyyy.JPG

右はキーホルダーになっている.
触角の長さがそれっぽい.
中国製.

左はベルギーと書いてある.
ゴキブリの形は以前紹介したゴキパッチンに良く似ている.
元祖かもしれない.

omotyyy%20%282%29.JPG

中の板がくの字に曲がり,歴史を感じさせてくれる.
一応機能はする.

2010年05月27日

エサローチ

トルキスタンゴキブリ(レッドローチ)である.

esaro-ti%20%281%29.JPG

卵鞘を取り出し,プリンカップで保管していると,孵化してくるので別容器に移し,使用するまで保管する.

esaro-ti.JPG

大きさは3mm程度で,小型爬虫類や,国産サソリの餌としてちょうど良い.

2010年05月26日

タイワンクチキゴキブリの餌

今年の2月に床換えを行い,まだエサ(木)はあると思っていたが,
マット表面に沢山出てくるので,ニンジンを入れておいた.

ninnxunn%5D.JPG

朽木を食べるように穴が開いて群がっている.

ninnxunn%5D%20%282%29.JPG

拡大.
中身は食べ尽くされ,皮だけになっている.

ninnxunn%5D%20%281%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

近くには,1齢幼虫が数匹うろついていた.
マットの中の木を確認するとまだ残っているようだ.
果たして,木が美味しくないのか,単にニンジンが好きなだけか.
近じか床換えをしなければいけないようだ.

2010年05月25日

サツマツチゴキブリ 今年の個体

いつもは採集しやすいことから,冬に採集してくるが,冬採集の個体は毎回累代に失敗する.験を担ぐわけではないが,今年は冬ではない季節(初夏)の採集個体出チャレンジ.

satumatuti.JPG

今の時期は暖かいなめ動きが早く,2匹しか捕まらなかった.
が,両方とも成虫.
♀2であった.

2010年05月24日

ヤマビルその後

yana.JPG

吸血後,プリンカップで保管.

yana%20%281%29.JPG

現在,吸血したあのままの状態で動けない様子.
うまく産卵するのか,このまま動かなくなるのか.
出来ればあのガラス細工のような卵塊を見てみたい.
で, 増えたらどうしよう・・.

2010年05月21日

ワモンゴキブリ異常産卵

dameraa.JPG

単為生殖個体の産卵は異常卵を多産する.

dameraa%20%281%29.jpg

拡大.
この後大概は食べられ,跡形もなくなる.

2010年05月20日

ゴキブリ卵鞘採集

ネズミの調査に行ったのだが,地下に降りた際ついでにゴキブリ探索.
地下といえばワモンゴキブリが優先種だか.

%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%8D%B5%20%281%29.JPG

ワモンでは無さそう.
成虫は見当たらず,中齢幼虫ばかり.
クロゴキブリに似ているが,終齢近い幼虫はワモンも特徴がはっきり出るが,中齢は外見だけでは分かり難い個体も多い.

そこで,その周りを探してみると,卵鞘発見.

%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%8D%B5.JPG

これを見れば,一目瞭然.
クロゴキブリとわかる.

一応卵鞘はお持ち帰り.
孵化するだろうか?

2010年05月19日

シナゴキブリ卵鞘

卵鞘に亀裂が入り,ダニが出入りしていたので割ってみた.

mukasigoki%20%2812%29.JPG

5×2列で10個入っている.

卵はみずみずしいが発育はしていない.

2010年05月18日

シナゴキブリ累代

family Polyphagidae
subfamily Polyphaginae
genus Eupolyphaga Chopard, 1929
Eupolyphaga sinensis (Walker, 1868)

日本にもムカシゴキブリ科のゴキブリは2種生息している.
ルリゴキブリとツチカメゴキブリの2種.
両種とも生きた個体は見たことが無いが,ゴキブリ好きであれば一度はあこがれた種ではないだろうか.

それと同じfamilyのシナゴキブリ.
卵鞘の孵化日数が良く分からないので,飼育していると瞬間的に生体が殆んどいなくなる.

今ちょうどその時期なのか,卵鞘ばかりである.

mukasigoki%20%287%29.JPG

孵化するのかとマット交換をしたのだが,ちょうど孵化したての幼虫がいました.

mukasigoki%20%288%29.JPG

白い小さいのが1齢幼虫.
良かった,良かった.

mukasigoki%20%281%29.JPG

マットを篩で選別.
mukasigoki%20%289%29.JPG

でてきた大型幼虫はこれだけ.

累代は出来ている様だが,同じサイクルで成長されると,卵鞘の時期は不安になる.

2010年05月17日

ツチゴキブリ幼虫

昨年K田君に捕ってきてもらった幼虫が成虫となり,
その後,しばらく放置していた.

tutut.JPG

久しぶりに見たら,1齢幼虫が沢山発生していた.
餌に付いているので分かり難いが,粒々が幼虫.

tutut%20%282%29.JPG

拡大.
サツマツチゴキブリも冬に採集してくるが,2年目にして滅んだ.
何としても累代を成功させたいですね.

2010年05月14日

マダラサソリ 共食い

tomogi.JPG

見慣れない大きなコオロギを食べていると思ったが,よくよく見ると自分の仔だった.

tomogi%20%281%29.JPG

いつも仔が生まれては,適正な数になるので,予想はしていたが,
実際見るとやはりショックである.

2010年05月13日

ビートルローチ 成虫 まとめ

昨年の9月に羽化直後の白い♀が交尾し,その後単独飼育した♀個体が,3/5に10匹産仔したことはお伝えした.
その後,その幼虫を飼育していたが,やっと昨日成虫となった.

yattoseityuu.JPG

交尾から約半年かけて産み落とされ,成虫までは2ヶ月でスピード成長した.

2010年05月12日

ヤマビル 吸血

多少気持ちが悪いが,吸血されてみたい願望も少しある.

と言う訳で,手に乗せてみました.

%EF%BC%90%E5%88%862.JPG

ヒルにつかれても,痛みが無く気が付かないと聞きますが,手の場合は痛いです.
剃刀で切られている感じ.
「チリチリ」傷みます.

%EF%BC%93%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

3分後.
まだほっそりしています.
%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%88%86%E5%BE%8C%EF%BD%8C.JPG

15分後.
膨らんできました.
じっと見ていると,気持ち悪さはどこかに消え,何か禁断の感情(笑)が・・.
ドラキュラに血を吸われるのもこんな感じでしょうか.

%E3%81%97%E3%81%94%E3%81%A8.JPG

時間がかかりそうなので,仕事をしている振りの様子.

%EF%BC%93%EF%BC%98%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

40分後.
もうパンパンです.
ヒルの体からは透明な液体が流れ出てきます.

%EF%BC%94%EF%BC%90%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

そろそろコロンと落ちそう.
と思ったら落ちました.

klyuu.JPG

容器に戻し,産卵を待つ事にします.

ヤマビルは感染症等の媒介例は無いそうですが,良いこの皆さんは真似しないで下さい.

2010年05月11日

ヤマビル

いつもゴキブリなどを捕ってきてくれるK田君がヤマビルを捕って来てくれた.

%EF%BC%90%E5%88%861.JPG

Haemadipsa zeylanica japonica Whitman

元気な個体です.

%EF%BC%90%E5%88%86.JPG

伸びますね~.
Wikipedia で調べたら何と硫黄島にイオウジマヤマビル H. zeylanica ivosimae がいるらしい.

大型哺乳動物が生息しない島で何を吸血源としているのだろう.
人か?オオコウモリか?ネズミ類か?
現地でもそんな話は全く聞いた事がない.

2010年05月10日

Lucihormetica verrucosa

family Blaberidae
subfamily Blaberinae
genus Lucihormetica Zompro & Fritzsche, 1999

Lucihormetica verrucosa (Brunner von Wattenwyl, 1865)

gurousu.JPG

♂成虫.
コロンビアに生息する.

gurousu%20%281%29.JPG

終齢幼虫.

%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%20%282%29.JPG

ちなみにこちらは
Lucihormetica subcincta (Walker, 1868)
♂成虫.
飼育に関してはどちらも一緒.

同じ属に
Lucihormetica amazonica (Rocha e Silva, 1987)

なる種がブラジルにいるようで,「amazonica」と言うのが非常に大きそうな感じがし,是非一回はアマゾンゴキブリ探検に行きたい.

2010年05月07日

グリーンバナナローチ床換え

family Blaberidae
subfamily Panchlorinae
genus Panchlora Burmeister, 1838

Panchlora nivea (Linnaeus, 1758)

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5.JPG

ゴキブリのケージとは思えない光景.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%281%29.JPG

活動が活発なため短期間で炭カルがこんな状態になる.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%282%29.JPG

後.
なんか余り変わって無いようだが,変わってます.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%286%29.JPG

大きくなる種もあるが,本種の方が緑が濃く,非常に綺麗だ.

2010年05月06日

Deropeltis erythrocephala 卵鞘

GWはどうでしたでしょう.
外出して普段捕れない様なゴキブリを採集した人もいたことと思います.
私はさっぱりでしたが,Archiblatta hoeveniiの2個目の卵鞘が孵化したので,まあまあの出来ではなかったかと思います.

family Blattidae
subfamily Blattinae
genus Deropeltis Burmeister, 1838

Deropeltis erythrocephala (Fabricius, 1781)

ケージの掃除をしたらいろいろ出てきた.

Deropeltislp.JPG

本種も卵鞘の長さに幅がある.
しかし,短いからといって孵化しない訳ではなく,この卵鞘は全て孵化している.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.