« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月31日

Therea petiveriana 床換え

family Polyphagidae
subfamily Polyphaginae
genus Therea Billberg, 1820
Therea petiveriana (Linnaeus, 1758)

Therea%20petiveriana%20%28Linnaeus%2C%201758%29.JPG

ヤシガラに腐葉土を混ぜた乾燥マットで飼育していたが,
幼虫が一斉に成虫となり,一斉に産卵し成虫の死骸と幼虫の脱皮殻で表面が埋め尽くされた.

Therea%20petiveriana%20%285%29.JPG

すくうと終齢幼虫から初齢幼虫まで揃っている.

Therea%20petiveriana%20%286%29.JPG

新しいマットを入れたケージに移す.

Therea%20petiveriana%20%287%29.JPG

完成.

2010年03月30日

クロゴキブリ脱皮

プラケ壁面にて落ち着き無く足場を確かめている個体がいた.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88.JPG

節と節の間が広がり,今にも脱皮(羽化)が始まりそうである.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%281%29.JPG

これは久しぶりに脱皮写真が取れると思い見ていたが,なかなか足場が決まらず,横向いたり忙しない.
少し目を放していると.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%282%29.JPG

落ちていた.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%283%29.JPG

また頑張って同じ場所に登っている.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%285%29.JPG

何とか足場が決まったようだ.
脱皮開始.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%286%29.JPG

と思ったらやはり落ちていた.
しかも仰向けで・・・.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%287%29.JPG

しばらくそのままジッとしていたが,起き上がり翅を伸ばし始めた.

%E8%84%B1%E7%9A%AE%E4%B8%AD%E8%A8%88%20%288%29.JPG

何とか上手く言ったようだ.
始まりから終りまで約2時間.

拍手.

2010年03月29日

コワモンゴキブリ採集

都内某所にて,コワモンゴキブリの捕獲されているローチトラップを回収してきた.

kowamonn%20sasiyuu.JPG

この時期でも,幼虫各齢.
成虫が捕まっている.

kowamonn%20sasiyuu%20%281%29.JPG

半数以上が生きているので,今夜はトラップ剥がしを行なう.
卵鞘や少しだけ粘着についている個体もいるので,この群れは再生できそうである.

2010年03月26日

ハトシラミバエ

R0032961.JPG

双翅目
シラミバエ科
Ornithomyia avicularia aobatonis Matsumura
体長は5mmほどだが,生きていればもう少しありそうだ.

現場で採集されたもので,ハト関係の仕事は沢山したが,これは初めて見た.

R0032971.JPG

翅は体長より長く,頑強な後肢が特徴.

R0032974.JPG

頭部

幼虫がどんな形をしているのか非常に興味がある.

2010年03月25日

Archiblatta hoevenii F2卵鞘

F2が卵鞘を産んでいる.

damerann.JPG

窪みがある卵鞘.

damerann%20%281%29.JPG

短い???.

はたして,孵化するだろうか?
海外でも飼育している人はいるようだが,うまく行っていないと聞く.

2010年03月24日

ワモンゴキブリ卵鞘貼り付け

umekomi.JPG

ワモンがごそごそ気になる動きをしていた.

umekomi%20%281%29.JPG

逆側より.
やはり卵鞘を貼り付けている.
今回は,周りの素材を練り込まず,唾液のようなものだけで付着させている.

umekomi%20%281%29-1.jpg

拡大.
透明な液体が卵鞘を包んでいる.

2010年03月23日

タイ産マルゴキブリ衰退

以前はワラジゴキブリとしましたが,どう見てもマルゴキブリなのでこちらにします.
もしかしたら同種かもしれません.

石垣産より繁殖スピードが速いと思っていたが,突然いなくなっていた.

taimaru.JPG

飼育スタイルは国産と変わらないのだが,今は国産の方が数的には多い.

taimaru%20%281%29.JPG

唯一,数匹残ったうちの2匹.
ついでにケージも総交換した.

taimaru%20%282%29.JPG

死骸が無残である.

2010年03月19日

マダラサソリ 12日後

12日後.

madara12.JPG

仔が離れていた.

母親をいれて3匹アダルトが入っているが,共食いはまだおきていないようだ.

madara12%20%281%29.JPG

2010年03月18日

イエゴキブリ交尾

以前,Diploptera punctata の羽化直後の白♀状態での交尾にびっくりした訳だが,
その後,他にも卵胎生のゴキブリには見られる事を,皆さんに教えていただいた.

ie.JPG

が,これには驚いた.
どうなっているのでしょう.

2010年03月17日

ワモンゴキブリ採集

昨晩,ネズミの実験で都内ビル地下深くに潜っていたのだが,
機械室内でワモン発見.

wamosai.JPG

ネズミどころではありません.
最近,深夜作業は翌朝こたえるのでなるべく速く終わろうと思うのだが.
こういった者が出てくると時間を忘れてしまう.

wamosai%20%282%29.jpg

終齢幼虫であろう.
近辺を探したら,排水枡内で複数発見.

wamosai%20%281%29.JPG

合計幼虫6匹の捕獲.
ちゃんと雌雄いるので殖やせます.

ちなみにこの前ローチトラップから剥がしたワモンは,2日後に★となってしましました.
残念.
まあ,捕獲された場所は分かるので,暖かくなったら捕りに行きます.

2010年03月16日

硫黄島

最近,硫黄島に良く行く.

店などは無いに等しいが,お土産を売っている店が週に数時間だけ開店する.

タイミングが合わないと,また,開店しても売り切れている事もあるので,
欲しいものがいつでも買える訳でもない.

iou.JPG

今回やっと買う事ができた.

iou%20%281%29.JPG

iou%20%282%29.JPG

2010年03月15日

マダラサソリ 6日後

産仔6日後.

muikame.JPG

親の下方に白い物が落ちているが,脱皮殻である.

muikame%20%281%29.JPG

2010年03月12日

Panchlora sp."Giant"床換え

family Blaberidae
subfamily Panchlorinae
genus Panchlora Burmeister, 1838

本属は50種弱が記載されている.
この種もたぶん記載されているとは思うが,文献を探すのが大変である.

big%E5%BA%8A.JPG

交換前.

big%E5%BA%8A%20%286%29.JPG

登攀防止炭カルももう少しで突破される所であった.

big%E5%BA%8A%20%281%29.JPG

これもまた水容器のガーゼが溶けて落下し,水無し状態になっていた.
しかし,初期の全マットでなく,タッパーマットしてからは,乾燥が急激に進むことは無く,危機的状態ではない.
本来であれば,中央の△部分にはガーゼが通り,容器上部で広がっていなければならない.

big%E5%BA%8A%20%283%29.JPG

タッパーの中は幼虫だらけ.
初齢から終齢まで入り乱れている.

big%E5%BA%8A%20%285%29.JPG

交換終了.
この位の数を飼育していると,交換サイクルは約40日ほど.

2010年03月11日

ビートルローチ 今頃? 産仔

family Blaberidae
subfamily Diplopterinae
genus Diploptera Saussure, 1864
species Diploptera punctata(Eschscholtz,1822)

昨年の9月(9/17),♀の脱皮直後の真っ白個体の時に,交尾されちゃった♀.
その♀を交尾終了後,♂から離し,単独飼育していた.
はたして,体が硬化する前の交尾など有効なのか?

bi-.JPG

交尾してから6ヶ月.
♀の横に幼虫がいる.
かなり多きい.

bi-%20%281%29.JPG

数えると10匹.
ワモンゴキブリは交尾してから最初の卵鞘を産み落とすまで約10日.
それが孵化するまで約45日.
2ヶ月あれば1齢幼虫の姿が見れるわけであるが,本種は半年要した.

何度観察をやめて飼育ケースに戻そうと思ったことか.

これで今後,白♀交尾を見ても動揺はしない.

2010年03月10日

ヤマトシロアリ 4ヵ月後

最近忙しく,放置していた.
セットして4ヵ月後の状態.

%E5%B1%B1%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%93.JPG

シロアリが見えない.
朽木マットは乾燥しているのか,湿っているのか判定できない.

%E5%B1%B1%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%93%20%282%29.JPG

上部セントリコンデバイス破片を触ったら中が外皮残して空洞となっていた.

%E5%B1%B1%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%93%20%283%29.JPG

数匹しか確認できない.

今後どうするか?
検討中.

2010年03月09日

マダラサソリ産仔3日目

3%E6%97%A5%E5%BE%8C%20%281%29.JPG

少し大きく,色もはっきりとしてきた.

3日前は前個体前を向いていたが,そろそろ動き始めているのか,ばらけてきた.

3%E6%97%A5%E5%BE%8C%20%283%29.JPG

2010年03月08日

アイスポットローチ 床換え

family Blaberidae
subfamily Blaberinae
genus Lucihormetica Zompro & Fritzsche, 1999
species Lucihormetica subcincta(Walker,1868)

本種の繁殖にやっと成功したので,飼育方法としての柔軟性がまだ分からないので,とりあえずオガサワラゴキブリのように飼育をしている.

食性は朽木も齧るし,マウス固形飼料も良く食べる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88.JPG

マット飼育をしていると,床の交換時が分かりにくいが,マットの総量が3割ほど減ったので交換することとした.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%283%29.JPG

篩にて幼虫を拾う.
幼虫が小さいと,篩の目から落ちるので,篩を使った手抜き選別は幼虫の大きさがポイントとなる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%284%29.JPG

♀成虫と幼虫.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%286%29.JPG

♂成虫.
変わったゴキブリである.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%287%29.JPG

このように集まる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%288%29.JPG

新しいケージ.
古いケージと視覚的に違うのは水容器が綺麗なところだけ.

2010年03月05日

マダラサソリ産仔

最近,土産物に加工される為数が減ってきていると聞いた事がある.

まあ,普通の人はサソリなんぞ減るどころか,いなくなった方が良いと思うかもしれない.

ioumadara.JPG

そんな訳で,こちらは殖えています.
小さいので,ゴキブリのように多頭飼育でき,スペース的にも助かっている.

ioumadara%20%281%29.JPG

皆同じ方向を向き,綺麗なものである.

2010年03月04日

ヒメマルゴキブリ 床換え

飼育法が分かると良く増える.
野外採集の親から何代を経過したか分からなくなっている.

himemaru%20toko%20%281%29.JPG

複数の齢数がひしめき合っている.

himemaru%20toko.JPG

換える前の状況.
見た目は汚れているように見えないが,湿度を維持する為の部分的なマットもすでに乾燥し,その上に糞が堆積し,そこにカビが生えている.
果たして湿度がどれほど必要なのか分からなくなって来たが,個体密度が増えると,死亡した無数の個体が乾燥する際に出す水分が,飼育環境内の水分調整を上手くコントロールするのかもしれない.

himemaru%20toko%20%282%29.JPG

色々除けた後の状態.

himemaru%20toko%20%283%29.JPG


床換え後.
あまり変化無いが交換後である.

2010年03月03日

ワモンゴキブリ救出

営業所に研究用のネズミをもらいに行った.
営業所のゴミ箱は様々なトラップが落ちている.
今日はローチトラップにつかまったワモンゴキブリを発見.

kyuusyu.JPG

まだ生きている.
しかも♀.

早速救出する事に.

kyuusyu%20%281%29.JPG

幸い背面が粘着面に付着しているので,翅を切断すれば何とかなりそう.

まずは付着している箇所だけ切り離す.

kyuusyu%20%282%29.JPG

こんな感じに.
なぜ背面が付いているのか回収した本人に聞いたら,ビル内を徘徊していたのでトラップを上から被せて捕獲したとの事.

kyuusyu%20%283%29.JPG

やはり翅はどうにもならないので切断.

kyuusyu%20%284%29.JPG

前胸背板はゆっくりはがす.
小麦粉をふりかけ粘着を無効にする.

kyuusyu%20%285%29.JPG

洗って乾かして完成.
さて産卵してくれるだろうか.

2010年03月02日

ニシインドローチ Phoetalia pallida

family Blaberidae
subfamily Blaberinae
genus Phoetalia Stål, 1874
species Phoetalia pallida(Brunner von Wattenwyl.1865)

ここの所忙しく,丈夫な種は放置気味で,給水器の水が切れている事に気が付かなかった.
新しい給水器を入れると,次から次に集まってきた.

Phoetalia%20%20pallida%20%281%29.JPG

Phoetalia%20%20pallida%20%284%29.JPG

Phoetalia%20%20pallida%20%287%29.JPG

Phoetalia%20%20pallida%20%2814%29.JPG

ゴキブリの花が咲いた.

2010年03月01日

ワモンゴキブリ交尾

ワモンゴキブリ Periplaneta americana (Linne)などのゴキブリ科のゴキブリは,
単為生殖することが知られている.
他にもトビイロゴキブリ,クロゴキブリ等が調べられている.

そんな神秘的な生殖を私も見てみたく,ワモンゴキブリは様々な飼育形態で飼育している.
そんな中1つのケースの個体が交尾していた.

koubi.JPG

見慣れたゴキブリだが,交尾は意外と見た記憶がないのに改めて驚いた.

koubi%20%281%29.JPG

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.