« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月31日

キョウトゴキブリ幼虫

初齢幼虫.

syorei.JPG

特徴のない小さな幼虫である.
初齢幼虫は,水場のミズゴケ内に潜伏していることが多い.

syorei%20%281%29.JPG

2齢幼虫.
やはりミズゴケ内にいる.
しかし,初齢幼虫全てが水場にいるわけでなく,
ダンボールシェルターにいる個体も沢山いる.

kyoutto%E7%B5%82%E9%BD%A2.JPG

終齢に近い幼虫.

2008年10月30日

キョウトゴキブリ

Family Blattellidae チャバネゴキブリ科
Subfamily Blattellinae チャバネゴキブリ亜科
Genus Asiablatta Asahina キョウトゴキブリ属
Asiablatta Kyotensis (Asahina) キョウトゴキブリ

体長 ♂ 14.5㎜~18.0㎜
 ♀ 16.0㎜~18.0㎜

日本産チャバネゴキブリ科の中では大型の種.
分布は朝比奈正二郎著「日本産ゴキブリ類」によると以下の通り.
京都市上京区烏丸下長者町1962,新潟県粟島1961,福岡,石川県小木1974,神奈川県川崎市味の素工場1974,京都市岡崎公園内市立動物園1972,滋賀県栗東町農業協同組合醤油工場1972,名古屋市1983.
近年,大阪や川崎の飲食店で希に発見されている.
本種は京都府レッドデータブックに登録されており,
ゴキブリの中では珍しい立場の種である.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E2%99%82.JPG

♂.
最近写真の取り方を教わりました.
自分ではだいぶましになったと思っております.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E2%99%80.JPG

♀.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%9A%E3%82%A2.JPG

ペア.
前胸背板を含めて体側が薄茶色に透けて見え,
全体の雰囲気として,熱帯産というより「和」の感じがする.

2008年10月29日

ジャイアントウッドローチ成虫となる

Archimandrita tesselata (Rehn)1齢幼虫を親から産下された日に隔離し,
別容器により飼育していた個体が成虫となった.

%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E8%84%B1%E7%9A%AE%20%281%29.JPG

昨年11月5日に生まれて,今年10月2日確認した.
成虫まで約11ヶ月.
大型のゴキブリにしては速い.
飼育温度は平均24℃前後.
クロゴキブリなどは1年以上かかる事から,
熱帯性ゴキブリの繁殖力の力強さがわかる.

%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E8%84%B1%E7%9A%AE.JPG

新成虫はスレ一つ無く,本当に美しい.

2008年10月28日

ヤエヤママダラゴキブリ脱皮失敗 その2

こちらはもう少しと言うところで力尽きた個体.

%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E7%BE%BD%E5%8C%96%E5%A4%B1%E6%95%97%20%281%29.JPG

この個体も♀.
原因として脱皮のときの湿度かと思うのだが,まだ良く判らない.
対策として,原因が判らないので取りようが無いが,
累代飼育を継続させるだけであれば,発生率は50%いかないと思うので,
多頭飼育すれば何とかなると思う.
♂ではほとんど起こらない.
従って,野外採集個体は比較的簡単に多数の子供を産むので,
それをいかに終齢まで維持するかがポイントとなる.

2008年10月27日

ヤエヤママダラゴキブリ脱皮失敗 その1

分類として,ゴキブリの病気と言えるかどうか,判断に迷うが,
本種を飼育していると頻繁に起こるトラブルである.

%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E7%BE%BD%E5%8C%96%E5%A4%B1%E6%95%97.JPG

特に♀終齢幼虫から成虫に脱皮するタイミングが一番多い.

%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E7%BE%BD%E5%8C%96%E5%A4%B1%E6%95%97%20%282%29.JPG

胸部背面に脱皮の為の亀裂が入り,新成虫が古い骨格を脱ごうとしたところで力尽きた感じである.
立派な♀であったので,残念である.

2008年10月24日

アミメヒラタゴキブリとコワモンゴキブリ

アミメヒラタゴキブリの床換えをした.
本種の飼育は比較的簡単で,結構頻繁に実施していたのだが,
シェルターも約1年ぶりに交換をしてみた.
すると古い卵鞘が貝の様にびっしりと付いている.

%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3.JPG

こちらはアミメヒラタゴキブリ成虫とコワモンゴキブリ中齢幼虫のコンタミ現場.

%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%20%287%29.JPG

石垣島などの野外ではこのようなツーショットは普通の事なのだろう.

2008年10月23日

モリチャバネゴキブリ全滅

屋外性のゴキブリを飼育していると,たまに原因不明の全滅を経験する.
今まで経験したのは,
① モリチャバネゴキブリ
② ヒメチャバネゴキブリ
③ サツマツチゴキブリ
④ チャバネゴキブリ
の4種.

今回は茨城県産のモリチャバネゴキブリが死滅に瀕していた.
この死滅の特徴として,成虫の死骸が黒変する.

%E6%88%90%E8%99%AB%E9%BB%92%E6%AD%BB.JPG

全ての齢期の幼虫が死ぬ.

%E5%B9%BC%E8%99%AB%E6%AD%BB.JPG

このような無残な状態になる.

%E5%A3%8A%E6%BB%85%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

拡大.
♀成虫が卵鞘を付けたまま死亡している.

2008年10月22日

ゴキブリ飼育ケージ内に発生するダニ 原因と対策

特にジャイアントウットローチを飼育していると発生する特別なダニではなく,
またマットに発生しているわけでもない.
餌として使用している固形飼料が原因で発生している.
それが湿ったマットにふれ,程よい湿度と餌に恵まれ大発生してしまう.
実体顕微鏡で拡大してみると,これはこれで生き物だなと思えてしまう.
正体はケナガコナダニ.

%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%AC%E7%B2%89.JPG

考えてみれば,本種も実験のために飼育していた事もあるので,
大切な実験動物であるのだが・・・.

子供の時にミルワームを放置していたら,机の上が白く粉を噴いたようになり,
驚いた事があるが,結構普通にいる種である.
防除は比較的簡単で,まず発生源を処分.
周りにいるダニは水洗いで流してしまうか,掃除機などで吸い取ってしまう.
吸血性のダニに比べれば対処は簡単である.
殺虫剤などには感受性が低いとされるので,使用する必要は無いと思う.

2008年10月21日

ゴキブリ飼育ケージ内に発生するダニ

ジャイアントウットローチArchimandrita tesselata (Rehn)の幼虫を飼育しているケージにダニが異常発生していた.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.JPG

ケージに白く無数についているのがダニ.
まあ,たまに起こる事なので驚きもしないが,気持ちのいい物でもないので掃除する事となる.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%20%281%29.JPG

ケージと蓋の間にコバエ侵入防止シートを挟んでいるので,
ダニは外にはあまり出てきてはいないが,シートを外すと堰を切ったように出てくる.
オレンジ色に見える部分がダニが溜まっているところ.
このシート,完全に外部からの侵入者を遮断するわけではないが,かなり有効である.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%20%282%29.JPG

シートは水洗の後乾燥させ,マットはレンジで「チン」でも良いが,捨てる事とする.

%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.JPG

綺麗になった状態.
ゴキブリ達もうれしそうである.

2008年10月20日

セアカゴケグモ Latrodectus hasseltii

先週末,大阪にて日本ペストロジー学会が開催された.
様々な衛生動物に関する研究成果を聞く事が出来,
また人との交流も出来た有意義な学会であった.

せっかく大阪に行ったので,セアカゴケグモの生息最前線を見たいと思い,
セアカゴケグモ研究の第一人者,「いきもの研究社」の吉田先生に無理を言って,
生息場所まで案内して頂いた.
その場所は新大阪から電車で20分ほどの街の中心部.

%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E5%A0%B4%E6%89%80.JPG

こんな場所に?と思う普通の場所.
排水側溝の蓋を開けると,成虫や幼虫が沢山巣を張っている.

%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E2%99%80.JPG

これは♀成虫.
この状態で越冬してしまうらしい.

%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E2%99%82.JPG

こちらは♂成虫.
この後虫体のサンプリング(特定外来生物の為生きたままの移動は罰せられます).
巣の見つけ方等を教わり,先生と別れた後,
怪しいおじさんになって,その近隣をごそごそクモを探しました.

2008年10月17日

マルバネゴキブリの繁殖

マルバネゴキブリHebardina yayeyamana Asahina.
生きた状態では体はクロゴキブリのように光沢(艶)があり,脚は赤茶色で美しい.
まして,初めて実物を見るので,全ての行動が新しい発見である.

%E2%97%8B%E3%81%B0%E3%81%AD.JPG

その個体が腹端部より卵鞘のようなものを出していた.
残念ながら,仕事があり経過を見ることが出来なかったが,
いつの間にか外れていた.

ちなみに餌はネズミ用の固形飼料を食べているようだ.

%E2%97%8B%E3%81%B0%E3%81%AD%20%281%29.JPG

2008年10月16日

標本加害される その2 被害と犯人

この箱には,日本国内に産する多足類(特に大型種)を入れていたのであるが,
クモ類は大丈夫であったが,ヤスデ類がかなりやられた.

%E3%83%A4%E3%82%B9%E3%83%87%E8%A2%AB%E5%AE%B3.JPG

ヤスデ類は食害ではなく,腹部と台紙の隙間に入り込んで繭を作られ,
歩肢が繭で絡め取られてしまった.

ムカデもこの通り.
脚の間に白く見えるのは幼虫.

%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%87.JPG

犯人は箱の各所に成虫の死骸が転がっており,
一目でタバコシバンムシと判断できたが,
子供の頃,標本を食べるのはいつもヒメマルカツオブシムシであったので,
シバンムシによる被害には少し驚いた.
長野と東京で地域差のようなものがあるのだろうか.

%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%82%B7.jpg

一応拡大して同定をした.
触角の形状が違うのでタバコシバンムシLasioderma serricorneと確定.

2008年10月15日

標本加害される その1被害

数ヶ月に1度,現場から同定依頼等で集まってきた,
珍しい害虫(この前はオオナガシバンムシを始めて同定した)の標本や,
ゴキブリの標本を箱に収めるのであるが,
ムカデの箱がとんでもないことになっていた.

%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F.JPG

写真中央にムカデが3体並んでいたのだが,真ん中が影も形もなくなっている.
左隣のオオムカデは小笠原で採集した20cm近くある個体だったのであるが・・.
残念である.
ドイツ箱は気密性に優れ,外から虫が侵入した経験が無かったので油断した.
おそらくドイツ箱に収納する前の,乾燥させている状態の時に,
虫が付いているのを気づかず収納したせいであろう.

%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A2%AB%E5%AE%B3.JPG

アノールの乾燥標本も見事にやられた.
こうなれば骨格標本になるまで,食べてもらう事にする.

2008年10月14日

ミナミヒラタゴキブリの緑化変異個体?

石垣のワモンゴキブリの中にいくつかのミナミヒラタゴキブリも混ざっていた.
その中に明らかに緑に見える個体が1匹混ざっていた.

%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%9F.JPG

遠めで見るとあまり判らないが,拡大すると結構緑色に見える.

%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%9F%20%281%29.JPG

本種は,僅かだけ緑色の入る個体は見たことがある.
しかし,それは表現的には茶色以外の色が入り,日常的に見る個体より色が少しずれるような色変わりであった.
この個体は明らかに緑色をしている.

本種は採集しやすいことから,個人的にも他の野外種に比べ,
自己採集する機会や野外で見る回数が多く,
産地別にいくつも飼育したこともあったが,このような色は見たことが無い.
和製グリーンバナナになるであろうか.

海外ではワモンゴキブリで,オオクワガタなどでお馴染みの「ホワイトアイ」がペットとして流通しており,日本でももう少しペットローチが認知されてきたら,そのような品種も出てくると思われる.

この個体は幸い♀なので,この親から生まれる子供がどの様な色彩をしているか,
楽しみである.

2008年10月10日

クマネズミの異常門歯

数ヶ月前に,都内で捕獲したクマネズミの中に,調子の悪そうな個体がいたので調べてみると,門歯がおかしな伸び方をしている事に気づいた,

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E6%AD%AF.JPG

下の門歯の間が広がっている個体はよく見るが,
本個体は上顎の門歯が斜めに伸び始めたため外側の歯が磨耗せず,伸びてしまったようだ.
クマネズミの門歯は1日に0.4㎜伸びるとされる.
すると,この伸び方は伸びていない方との長さの違いから考えると,1ヶ月ほど前に何かのトラブルで顎がゆがみこのような状態になったのではないかと考えられる.
頭部を中心に首などにも外傷があり,調子の悪いのは仲間から攻撃にあった傷が直接的な原因ではないかと考えられる.

2008年10月09日

石垣島のワモンゴキブリ

石垣島に行った友達よりお土産を頂いた.
ワモンゴキブリは全て雄であった為,標本とさせていただいた.
その中にコワモン幼虫も1匹いたので,こちらもありがたく標本とした.
標本作成はどうしても面倒な作業という位置づけなのであるが,
ワモンゴキブリに限っては,全然苦痛でない事に気づいた.
なぜか考えてみると,
大きさが適当で,展足がし易くバランスが取りやすい.
前胸背板の模様が楽しい.
といくつか考え着いたが,
それ以外に何か世界的な害虫の帝王としての風格に引かれるのであろうか.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%EF%BC%93%E5%8C%B9.JPG

こうして見ると.すべて同じ場所で採集された個体であるが,
前胸背板の模様が皆違うのが判る.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%82.JPG

左の個体.
黒紋が前胸背前側縁に到達し,後縁の黒紋の幅も厚い.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%84.JPG

真ん中の個体.
中央の黒紋は前縁に到達せず,コワモン風.
人のよさそうなおじさんの顔に見える.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%86.JPG

そして,右の個体.
真ん中よりも少し黒紋が小型になり,色のつき方も薄い.
ただし,この個体に関しては,よく見ると頭頂部が薄茶色をしているので,
もしかしたら,脱皮後のまだ色づいていない段階なのかもしれない.

ちなみに採集した場所は公園の中だったらしいが,
石垣島の公園といえばもう山の中と同じであろう.

2008年10月08日

夜の風景 -森のゴキブリ-

%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%9B%BD%E9%A0%AD%E6%9D%91%E6%9E%97%E7%B8%8120080905-10%20261.jpg

コワモンゴキブリである.
街中よりも森の中のほうが圧倒的に多かったそうである.
私も本種はコンクリート建造物の周りでは殆ど目撃した事がなく,
屋外の広々とした植物の茂る場所でよく目撃する.
一方,ワモンゴキブリはどちらでも適応できているようだ.

2008年10月07日

夜の風景 -街中の小型種-

%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E7%B3%BB%E5%90%8D%E8%AD%B7%E8%A1%97%E8%B7%AF%E6%A8%B9A20080905-10%20087.jpg

名護 街路樹の葉上にいた小型種.

%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E7%B3%BB%E5%90%8D%E8%AD%B7%E8%A1%97%E8%B7%AF%E6%A8%B9B20080905-10%20086.jpg

ウスヒラタゴキブリかミナミヒラタゴキブリのどちらかだと思う.
植物はモモタマナであろうか.
沖縄には街中の緑地帯に様々なゴキブリが生息しており,
山の奥地まで行かなくても結構な種を見つけることが出来る.

2008年10月06日

夜の風景 -街中のワモンゴキブリ-

オキナワチャバネゴキブリ等を採集してくれたK氏より,写真も頂いた.
それぞれその種の生活実態が映し出されていて参考になる.
街中のゴキブリ,ワモンゴキブリである.
ワモンゴキブリは東京でも結構見かけるが,
熱帯の沖縄でも街中で見かける事が多かったそうだ.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%90%8D%E8%AD%B720080905-10%20.jpg

果実の様なものを食べるワモン.
♂ですかね.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%90%8D%E8%AD%B7%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%AE%E6%8E%92%E6%B3%84%E7%89%A9%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B20080905-10%20085.jpg

最初卵鞘をカムフラージュしているのかと思いましたが,
大きすぎるので何か食べているのでしょう.
大きなおなかをしています.
もうすぐ卵を産むのでしょう.

%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%90%8D%E8%AD%B7%E5%BB%83%E5%B1%8B20080905-10%20077.jpg

廃屋で遊ぶワモンたち,

%E5%90%8D%E8%AD%B7%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E7%94%9F%E6%81%AF%E7%92%B0%E5%A2%8320080905-10%20231.jpg

通常はこのような排水の暗渠などに多く潜んでいると思われます.
逃げ足が速く,すぐ障害物の中に隠れるので,
これだけいても,捕獲するとなると結構大変です.
また,夜に変な行動をとっていると,犯罪者か変人と思われてしまいます.

2008年10月03日

チャオビゴキブリ前胸背

チャオビゴキブリ終齢幼虫.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E3%83%93%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG

前胸背に顔のような模様が見える.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E3%83%93%E5%89%8D%E8%83%B8%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

2008年10月02日

チャオビゴキブリ 成虫

チャオビゴキブリのペアがやっと揃ったので,ご紹介したい.

%E9%9B%84%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

こちらが♂成虫.

%E9%9B%8C%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

こちらが♀成虫.
色のトーンは同じであるが,翅の長さや,♀腹背面に同色の斑が入るため,
雌雄の見分けは付けやすい.

2008年10月01日

卵胎生の大型ゴキブリが罹る病気

サツマゴキブリ♀成虫の腹端部から,内臓のようなものが出ている個体がいた.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%82%AD%E7%97%85%E6%B0%97.JPG

この症状,過去にヤエヤママダラゴキブリRhabdoblatta yayeyamana Asahina,
ジャイアントウッドローチArchimandrita tesselata (Rehn)でも見た事があり,
これはどうも卵胎生のゴキブリ(特に♀成虫に限って)に発生する症状だろう.
という事で紹介したい.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%82%AD%E7%97%85%E6%B0%97%20%282%29.jpg

腹面より拡大.

ゴキブリが病気になっても誰も心配したり,残念と思う人はいないと思う.
まして,治療しようなんて考える人は「大ばか者」・「変人」と思われるだけだろう.
治療としては,症状が出た直後であれば,滅菌したガラス棒の様な物で押し込む事により,収納できると思うが,出てから時間が経って乾燥が進んでしまうと,元には戻らないであろう.

この出ているのは,保育嚢が脱腸のように出てきている感じがする.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E5%8D%B5%E5%B7%A3.jpg

よく見ると,袋の内部に白い内蔵のようなものが確認でき,
形から卵巣と思われる事から,生殖に関係する器官と推察するのが良いと思う.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.